[新製品・サービス]

ユーザーやパートナー向けにクラウドの検証施設を開設

2008年10月22日(水)

クラウドコンピューティング IBM クラウド・コンピューティング・センター@Japan / 日本アイ・ビー・エム 日本アイ・ビー・エムは2008年8月、クラウドコンピューティング環境を提供する施設「IBMクラウド・コンピューティング・センター@Japan」を晴海事業所内(東京都中央区)に開設した。

国内のユーザー企業やビジネスパートナーが、クラウドコンピューティング環境を開発・構築する際の検証施設として提供されるもので、センター内に設置されたIBMのサーバーやストレージ、ソフトウェアによる仮想化されたITリソースを、ネットワーク経由で利用する。

新センターでは、ユーザー企業やビジネスパートナーが仮想環境を利用して、業務を停止することなくその業務を稼働しているサーバーから別のサーバーに物理的に移動させるモビリティ機能や、自動的にシステム稼動環境のイメージファイルを配布するプロビジョニング機能などを検証することができる。また、オープンソースの大規模分散処理システム「Hadoop」を利用した大規模情報処理プログラミング環境のデモや、ソフトウェア開発のためのチームコラボレーションを実現するシステム環境のデモなども実施する。

さらに、クラウドコンピューティングの活用を検討している企業向けに、「クラウド・コンピューティング・イノベーション・ワークショップ」を無償で開催する。IBMのクラウドコンピューティングの専門家と半日の集中討議により、クラウドコンピューティング活用に適した分野や構築に向けての計画を策定し、ワークショップ開催後は試用や実証実験を通じて顧客の課題解決を支援する。

IBMは、2007年6月に米国カリフォルニア州アルマデンにクラウド・コンピューティング・センターを開設。同年11月には“Blue Cloud”構想を打ち出して、クラウドコンピューティングを実現するための製品群を発表している。

関連記事

ユーザーやパートナー向けにクラウドの検証施設を開設クラウドコンピューティング IBM クラウド・コンピューティング・センター@Japan / 日本アイ・ビー・エム 日本アイ・ビー・エムは2008年8月、クラウドコンピューティング環境を提供する施設「IBMクラウド・コンピューティング・センター@Japan」を晴海事業所内(東京都中央区)に開設した。

PAGE TOP