[ユーザー会通信]

第1回 FUJITSUファミリ会【富士通】

2008年10月23日(木)

全国11支部3800会員が切磋琢磨する 国内最大級の情報システム系ユーザー会 ユーザー会というと「単なる懇親会」と考える人も多いだろう。だが、ユーザー会は、上手く活用すれば、ユーザー企業にとって価値のある情報や交流をもたらしてくれるものだ。 このコラムでは、ITベンダーのユーザー会を毎号1つずつ取り上げ、その活動や成果を紹介していく。第1回は、40年以上の長い歴史を持つ富士通の「FUJITSUファミリ会」を紹介する。

年間400回に及ぶ活発な活動

富士通ユーザーの相互交流・研鑚を目的に1964年に発足した「FUJITSUファミリ会」。2008年度現在、全国11の支部で、約3800会員が所属。国内最大級の情報システム系ユーザー会として、活発な活動を繰り広げている。

ファミリ会の主な活動は、全国活動、支部活動、特別委員会(LS研究委員会)の3つで構成されている。

全国活動としては、全国の会員が一堂に会する大会の開催や、会報誌の出版、Webサイトでの情報提供、海外セミナーの運営、論文募集などがある。

支部活動も活発だ。北海道から九州まで全国11の支部では、情報システムに関する最新情報の提供や会員相互の交流だけではなく、人材育成を目的とした活動も展開。また、実機研修やパソコン教室など、ユーザー部門を対象としたセミナーも豊富に催している。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ユーザー会通信一覧へ
関連記事

第1回 FUJITSUファミリ会【富士通】全国11支部3800会員が切磋琢磨する 国内最大級の情報システム系ユーザー会 ユーザー会というと「単なる懇親会」と考える人も多いだろう。だが、ユーザー会は、上手く活用すれば、ユーザー企業にとって価値のある情報や交流をもたらしてくれるものだ。 このコラムでは、ITベンダーのユーザー会を毎号1つずつ取り上げ、その活動や成果を紹介していく。第1回は、40年以上の長い歴史を持つ富士通の「FUJITSUファミリ会」を紹介する。

PAGE TOP