[新製品・サービス]

日本HP、SaaSモデルのソフトウェア製品の提供を開始

2008年10月29日(水)

日本ヒューレット・パッカード(HP)は10月28日、企業のIT戦略・開発・運用を支援するBTO(ビジネステクノロジーの最適化)ソフトウェア製品群「HP Software」において、SaaSモデルでソフトウェアを提供する「HP SaaS」を発表した。利用に必要なトレーニングや技術移転も含めて提供する。

今回発表されたHP SaaS製品は、以下のとおり。

10月28日から提供開始

  • 性能検証ソリューション「HP Performance Center」
  • アプリケーションの性能と可用性を管理する「HP Business Availability Center(BAC)」

2009年前半から提供予定

  • IT戦略を支援するポートフォリオ分析とプロジェクト管理を行う「HP Project and Portfolio Management Center」
  • アプリケーション開発時の品質管理を行う「HP Quality Center」
  • ITILベースのITサービス管理を行う「HP Service Management Center」

HP SaaSでは、一年単位でソフトウェアを利用できる「SaaSタームバンドル」モデルと、顧客所有のライセンスをHPが預かって運用管理を行う「SaaSサービスモデル」が用意されている。いずれの場合も顧客のデータはHPのデータセンターで管理し、24時間の可用性とサポートを提供するほか、専任のテクニカルアカウントマネージャによる教育のサポート、ベストプラクティスの提供、知識移転を行う。

「SaaS for BAC」10トランザクションの場合の参考価格は、SaaSタームバンドルで423万3600円から(税込み/1年のタームライセンス、1年のSaaSサービス、サポートを含む)、SaaSサービスモデルで201万6000円から(税込み/1年のSaaSサービス。製品ライセンスおよびメンテナンスサポートは別途購入)。

なお、HP SaaSの利用メリットとして以下の3点が挙げられている。

  • サービス導入までの工程短縮と、投資コストの大幅削減
  • システムの構築や配備リスクを低減し、ITリソースを確保
  • 顧客の要望に応えるトレーニングサービスや技術移転を含めた豊富なサポートの提供

日本ヒューレット・パッカード
http://www.hp.com/jp/

「HP SaaS」
http://www.hp.com/jp/hpsw_services/

 

関連記事

日本HP、SaaSモデルのソフトウェア製品の提供を開始日本ヒューレット・パッカード(HP)は10月28日、企業のIT戦略・開発・運用を支援するBTO(ビジネステクノロジーの最適化)ソフトウェア製品群「HP Software」において、SaaSモデルでソフトウェアを提供する「HP SaaS」を発表した。利用に必要なトレーニングや技術移転も含めて提供する。

PAGE TOP