[新製品・サービス]

NTTデータ、OSS統合運用管理ソフト「Hinemos」の新バージョンを公開

2008年11月1日(土)

NTTデータは、オープンソースの統合運用管理ソフトウエア「Hinemos」(ヒネモス)の新バージョンの公開を10月31日から開始した。Hinemosは、同社が2005年からオープンソースソフトウエア(OSS)として公開している統合運用管理ツールで、複数のコンピュータをグループ化し単一のコンピュータのように運用/管理する機能を持ち、運用目的に応じた監視や操作をGUIで手軽に行う環境を提供する。

公開された新バージョンの「Hinemos Ver.3」では、システム運用を大規模システムにも拡大するための機能や、IPv6への対応などが強化された。また同社は今回、Hinemos Ver.3を対象とするオプション製品の提供についても発表した。ミッションクリティカルシステムの運用に必須となる可用性向上の機能や、仮想化環境での運用への対応など、より高度な要件が求められる業務システムへの適用を可能とするオプション製品が予定されている。

Hinemos Ver.3の主な新機能は以下のとおり。

  • IPv6対応:IPv6単独環境や、IPv4/IPv6混在環境での監視に対応
  • 複数のHinemosマネージャの連携機能:複数のHinemosを連携させるほか、他の運用管理製品と連携させることも可能
  • 計画保守時における管理対象ノードの監視・ジョブ設定の一時的な無効化や、保守対応記録の登録に対応
  • Hinemosマネージャの動作プラットフォームがRed Hat Enterprise Linux 5に対応

OSSのHinemosを使用することによって、運用管理製品にかかるライセンス料金や、見えない人件費などシステム運用にかかわる各種コストの削減が図れる。同社によればHinemosは、10月1日に同社が開始したデータセンターサービス「グリーンデータセンタ共通基盤ITサービス」の標準提供サービスとして全面的に採用されているほか、個別システムごとの統合運用管理ツールとしても選択できる。今後、同サービス上の多くのシステムで、Hinemosが採用される予定だという。

NTTデータ
http://www.nttdata.co.jp/index.html

Hinemosポータルサイト
http://www.hinemos.info/
 

関連記事

NTTデータ、OSS統合運用管理ソフト「Hinemos」の新バージョンを公開NTTデータは、オープンソースの統合運用管理ソフトウエア「Hinemos」(ヒネモス)の新バージョンの公開を10月31日から開始した。Hinemosは、同社が2005年からオープンソースソフトウエア(OSS)として公開している統合運用管理ツールで、複数のコンピュータをグループ化し単一のコンピュータのように運用/管理する機能を持ち、運用目的に応じた監視や操作をGUIで手軽に行う環境を提供する。

PAGE TOP