[新製品・サービス]

NTTデータとF5ネットワークスジャパン、負荷分散における運用自動化で協業に合意

2008年11月6日(木)

NTTデータとF5ネットワークスジャパンは11月5日、NTTデータのシステム基盤構築ソリューション「PRORIZE(プロライズ)」の構成製品に、F5のアプリケーション配信装置(負荷分散装置)「BIG-IP Local Traffic Manager(ビッグアイピーローカルトラフィックマネージャ、以下BIG-IP LTM)」を標準採用すると発表した。 またこれを機に、両社が共同でシステム基盤における負荷分散の運用自動化機能の開発に向け、協業することで同時合意した。

両社によれば、企業のシステム基盤構築において、ネットワーク・サーバ・OS・ミドルウエアなどは個別に検討・導入・運用されていることが多く、システム基盤の運用が複雑になり、コストを増加させる要因となっているという。これを解決するため、NTTデータは、システム開発プロジェクトの現場で培われてきたシステム基盤構築にかかわる種々のノウハウを構築方法論、採用製品の標準化、および採用製品の利用技術という観点で整備し、それらの組み合わせをあらかじめ設定・検証し共通化「PRORIZE」としてソリューション化する。

F5ネットワークスジャパンの「BIG-IP LTM」は、サーバ追加やサーバメンテナンスといったシステム運用の作業で必要となるトラフィックの制御、パフォーマンス統計情報の取得などを外部から行うインタフェース(iControl API)を備える。今回の協業で開発する運用自動化機能は「iControl API」を利用し、PRORIZEのシステム管理マネージャが外部よりBIG-IP LTMを自動制御することにより実現している。

この機能により、たとえばメンテナンス対象のサーバへのトラフィックを自動制御するなど、従来ではシステム管理者が手作業で行う必要があった作業を自動化し、作業ミスを排除することに加え、システム管理者の負荷を軽減し、運用コストの削減を実現する。

今後両社は、この協業を通じてコストを抑えつつ高品質なシステム基盤運用を実現する機能を提供する。また、ユーザーが安心して利用できるサポートサービスを実現していくという。さらに今後は、サーバ仮想化環境、IPv4、IPv6混在環境など、最新のシステム基盤技術を取り入れたPRORIZEの高付加価値化に継続的に取り組んでいくという。

NTTデータ
http://www.nttdata.co.jp/

F5ネットワークスジャパン
http://www.f5networks.co.jp/

関連記事

NTTデータとF5ネットワークスジャパン、負荷分散における運用自動化で協業に合意NTTデータとF5ネットワークスジャパンは11月5日、NTTデータのシステム基盤構築ソリューション「PRORIZE(プロライズ)」の構成製品に、F5のアプリケーション配信装置(負荷分散装置)「BIG-IP Local Traffic Manager(ビッグアイピーローカルトラフィックマネージャ、以下BIG-IP LTM)」を標準採用すると発表した。 またこれを機に、両社が共同でシステム基盤における負荷分散の運用自動化機能の開発に向け、協業することで同時合意した。

PAGE TOP