[新製品・サービス]

日本電気、柔軟なカスタマイズが可能なシンクライアント端末2機種を発売

2008年11月7日(金)

日本電気は11月6日、シンクライアント端末ラインナップ強化の一環としてデスクトップ型シンクライアント端末「US300a」およびノートPC型シンクライアント端末「US40a」を製品化し、同日より販売開始すると発表した。

シンクライアント端末「US300a」「US40a」は、周辺機器の接続など個々の顧客ニーズに適合するためにカスタマイズ可能なモデルとして製品化された。
また、SuicaやEdyなどに代表されるFeliCa準拠の非接触式ICカードリーダに対応し、認証セキュリティの強化も実現している。
 

「US300a」「US40a」の主な特長は以下のとおり。

1. ユーザーの環境にあった個々のカスタマイズが可能(「US300a」「US40a」)
バーコードリーダやPOSなど、周辺機器のデバイスドライバをインストールでき、顧客環境に適合したシンクライアント端末にカスタマイズすることが可能。

2. FeliCaによる認証セキュリティ強化(「US300a」「US40a」)
シンクライアント端末でのFeliCa認証に対応。シンクライアント端末での認証に対応することで利便性の向上とともに、認証セキュリティを高めたいという顧客ニーズに対応。

3. デュアルディスプレイに対応(「US300a」)
複数のアプリケーションを2つの画面に表示させることで業務効率を向上。

4. A4ワイド相当の大画面(「US40a」)
デスクトップ型の端末やディスプレイを置くスペースのない店舗や、サテライトオフィスなどに最適。無線LANを標準搭載しており設置場所を選ばないほか、VPNにも対応しセキュアなネットワーク接続が可能。

製品価格は、「US300a」が63,000円、「US40a」が109,800円。いずれも11月28日より出荷開始される。

ビジネスPC、Express5800シリーズホームページ「8番街」
http://nec8.com/

NECシンクライアントシステムに関する情報
http://www.nec.co.jp/clsol/

関連記事

日本電気、柔軟なカスタマイズが可能なシンクライアント端末2機種を発売日本電気は11月6日、シンクライアント端末ラインナップ強化の一環としてデスクトップ型シンクライアント端末「US300a」およびノートPC型シンクライアント端末「US40a」を製品化し、同日より販売開始すると発表した。

PAGE TOP