[新製品・サービス]

日本電気、超小型モバイルサーバによる「現場可視化ソリューション」を販売開始

2008年11月7日(金)

日本電気とNECエンジニアリングは、ヤマハおよび谷沢製作所とともに世界最軽量の超小型モバイルサーバ「VI(ブイアイ)シリーズ」を活用した「現場可視化ソリューション」を新たに商品化し、同日より販売活動を開始した。

「現場可視化ソリューション」は、世界最軽量の超小型モバイルサーバ「VIシリーズ」と音声・画像サーバ群、監視システムなどから構成され、建築・土木作業や鉄鋼業、重化学工業、電気・ガス・水道・鉄道・通信などライフライン施設、さらにはデータセンターなどさまざまな「現場」の作業を可視化し、顧客に安心と安全を提供するというもの。

同ソリューションに含まれる「VIシリーズ」の筐体タイプは、重さわずか130gで、作業者はウェアラブル端末として自身の体に装着可できる。また、超小型モバイルサーバ・ボードを組み込んだ専用ヘルメットは、カメラとイヤホンマイクも内蔵されており、ハンズフリーで現場の状況をリアルタイムに管理者に伝えることができる。遠隔地にいる管理者や熟練者の的確な指示を受けながら作業することもできるため、広大な敷地を持つ製鉄現場など、従来はタイムリーなコミュニケーションが困難であった場所での安全管理や品質管理向上が可能になる。
また、現場に設置された位置情報(GPS)機能と各種センサを連携させることにより、生産設備の保守点検や鉄道や空港でのリアルタイム監視、さらには、石油パイプラインをはじめとする、屋外での危険が伴う現場でも使用することができる。

同ソリューションにおいては、NECエンジニアリングは超小型モバイルサーバ「VIシリーズ」の開発を行い、ヤマハは音声会議用多拠点接続装置の開発を担当する。NECがこれらをとりまとめ、ソリューションとして提供するという。また、超小型モバイルサーバ・ボードを組み込んだ通信ヘルメット「Uメット」は、産業用ヘルメットのパイオニアである谷沢製作所とNEC・NECエンジニアリングの共同開発によるもの。

同ソリューションの主な特長は、以下のとおり。

1. 世界最軽量 超小型モバイルサーバを活用
筐体タイプの「VI-1」は、世界最軽量130グラムを実現。OSに組込みLinuxを搭載するとともに、先進の省電力設計によりリチウムイオン電池を携帯した場合には約4時間の駆動が可能。操作性も電源のオン/オフだけと極めてシンプル。これにより、作業者はウェアラブル、かつハンズフリーで使用することができる。
また、 無線LAN(IEEE802.11b/g)、第3.5世代移動体通信サービス、WiMAXなど、多様な無線通信方式に対応しており、利用場所を選ばない。さらに、多様なインターフェースを本体に装備。超小型ながら、多様な情報の入出力が可能であり、映像・音声・センサ・位置情報(GPS)など様々なメディアと連携した現場の可視化が可能。

2. ヤマハの音声MCUによる現場と複数部門の連携強化
ヤマハが音声MCU「PJP-MC24」のモバイル対応版を開発。超小型モバイルサーバ「VIシリーズ」や「Uメット」と連携することによって、映像情報の共有のみならず、作業者と遠隔地にいる管理者、および関係部門間で高品質な音声会議を行うことが可能。これにより、現場で問題が発生した場合、メンバー間で情報共有が容易に図れるとともに、関係部門のスキルを結集して問題解決にあたることができる。

3. 通信ヘルメット「Uメット」の活用
産業用ヘルメットのパイオニアである谷沢製作所は、ユーティリティスペース付通信ヘルメット「Uメット」をNEC、NECエンジニアリングと共同開発し、2009年3月より販売を開始する。「Uメット」は、電子機器類を搭載したままで厚生労働省の保護帽型式検定(飛来・落下物用/墜落時保護用)を取得予定。さらに「Uメット」は、専用に開発したユーティリティスペース付ヘルメットに超小型モバイルサーバ・ボード「VI-2」を組み込むことによって無線通信を可能とし、内蔵カメラ映像配信・音声コミュニケーションや、作業者が転倒した場合にアラームを発する加速度センサなどの多彩な機能を搭載。これらの機器や電源をオールインワンでヘルメットに内蔵することによって、ケーブルレスでの装着と完全なハンズフリー性を実現することができる。このことにより、管理者と作業者が同じレベルで現場の状況を把握できると同時に、作業者自身にもより高いレベルの安全を提供できる。

同ソリューションの基本構成での販売価格は6,000,000円(税別)~を予定しており、2009年1月から出荷を開始される。今後3年間で関連SIを含みグローバルに400億円の販売を目指す。
同ソリューションの提供イメージは、以下のリンクを参照。

現場可視化ソリューション
http://www.nec-eng.co.jp/pro/vi/genbakashika_sl.html

関連記事

日本電気、超小型モバイルサーバによる「現場可視化ソリューション」を販売開始日本電気とNECエンジニアリングは、ヤマハおよび谷沢製作所とともに世界最軽量の超小型モバイルサーバ「VI(ブイアイ)シリーズ」を活用した「現場可視化ソリューション」を新たに商品化し、同日より販売活動を開始した。

PAGE TOP