[新製品・サービス]

サイトロック、運用管理プラットフォーム「SRS」の販売開始を発表

2008年11月12日(水)

MSP(Management Services Provider)事業を行うサイトロックは11月11日、1つの管理コンソールですべてのIT運用業務を効率的に実施する統合運用管理プラットフォーム「SRS(siteROCK Remote Station)」を2009年1月13日より販売すると発表した。また11月11日より、「SRS」のトライアル環境およびデモによる機能説明を適時提供していく。

「SRS」は、ワールドワイドで1,400以上のMSP事業者、36,000ユーザーの実績を持つ統合運用管理プラットフォームである。インターネットに接続できるPC端末であれば、どのPC端末でも管理コンソールとしてリモートでの運用業務を実施できるため、離れた支店や事業所にあるPCやサーバ・ネットワーク機器、プリンタなどでもその場へ行かずに運用できる。またインテルvProテクノロジーの活用により、PCの電源のON・OFFも可能にする。これにより、オンサイト対応や定期運用作業の負荷やコストを軽減し、効率的で迅速なPCの管理作業を実現する。

SaaS形式で全機能を提供するため、ソフトウェアやライセンス購入やシステム維持の必要がないので、初期費や維持費の軽減を可能にする。また1つの管理コンソールから多岐に渡るIT運用が実施できるため、管理業務の効率化が実現できる。

「SRS」の機能は次のとおり。
①モニタリング機能
サービス監視・パフォーマンス監視・イベントログ管理等/セキュリティ監視/自動デバイス検出/システム変更監視。
②マネージメント機能
スクリプト実行/リモートコントロール/Windowsパッチ管理/資産管理(H/W、S/W)/インテルvProテクノロジーの機能(リモートによる電源管理)/ソフトウェア配信/ライセンス管理。


サイトロック
http://www.siterock.co.jp/

SRS(siteROCK Remote Station)
http://www.siterock.co.jp/service/support_srs.html

関連記事

サイトロック、運用管理プラットフォーム「SRS」の販売開始を発表MSP(Management Services Provider)事業を行うサイトロックは11月11日、1つの管理コンソールですべてのIT運用業務を効率的に実施する統合運用管理プラットフォーム「SRS(siteROCK Remote Station)」を2009年1月13日より販売すると発表した。また11月11日より、「SRS」のトライアル環境およびデモによる機能説明を適時提供していく。

PAGE TOP