[新製品・サービス]

みずほ情報総研とSAPジャパン、みずほ銀行の資産・予算管理システムの一元化を発表

2008年11月19日(水)

みずほ情報総研とSAPジャパンは11月18日、みずほ銀行の本部・全拠点を通じた資産・予算の管理システムを、SAPの基幹業務ソフトウェア「SAP ERP」を利用して再構築し、2008年4月から本格稼動したことを発表した。

みずほフィナンシャルグループのIT戦略会社みずほ情報総研は再構築にあたり、銀行経理業務に特化した業界初のテンプレートである「金融業向け会計テンプレート for SAP ERP」を活用し、業務プロセスのシステム構築を行った。同社は今後、本システムの構築で得たノウハウを元に、SAP ERPを使った資産・予算管理システムを、他の金融機関や他業種企業に向けて展開していくという。

みずほ銀行では、2002年からSAP R/3を採用し固定資産管理システムを導入、翌年には単体決算システムを導入し、2007年のSAP ERP 6.0へのアップグレードを機に、資産・予算管理システムの導入を実施した。これにより同行は、全国約500カ所に上る拠点の物件費、動不動産・ソフトウェア資産とその予算や支払などの情報を、共通システムで一括管理することを可能とした。

同行は本システム導入により、固定資産管理業務の効率化、支払、経費管理業務の正確性向上、予算管理業務の精緻化などを実現、またグループ内企業における共用化も図り、決算・財務報告プロセスでの内部統制の強化も目指す。


みずほ情報総研
http://www.mizuho-ir.co.jp/

SAPジャパン
http://www.sap.com/japan

関連記事

みずほ情報総研とSAPジャパン、みずほ銀行の資産・予算管理システムの一元化を発表みずほ情報総研とSAPジャパンは11月18日、みずほ銀行の本部・全拠点を通じた資産・予算の管理システムを、SAPの基幹業務ソフトウェア「SAP ERP」を利用して再構築し、2008年4月から本格稼動したことを発表した。

PAGE TOP