データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

SAPジャパン、マスタデータ管理統合ソリューション「SAP NetWeaver Master Data Management 7.1」を発表

2008年11月21日(金)

SAPジャパンは11月20日、企業内のあらゆるマスタデータを柔軟かつ容易に統合するソリューション「SAP NetWeaver Master Data Management」の最新版「SAP NetWeaver MDM 7.1」の提供を開始した。

SAP NetWeaver MDMは、企業内に存在する複雑かつ複数のマスタデータを、整合性のとれたひとつのマスタデータとして容易に統合・管理することができる。

最新版は、ひとつのリポジトリで複数のマスタを管理することができるため、サプライヤや製品といった複数のマスタを関連づけて管理できたり、参照データの重複を避けることができる。また、複数の項目を組み合わせてひとつのデータとして定義できる機能が追加されたことで、データ管理の利便性を向上、あらゆるデータに柔軟に対応し、マスタデータ設計を容易にする。

さらに、ビジネスプロセス統合管理を実現する「SAP NetWeaver Process Integration」のアダプタ提供によるSAPとの密な連携を強化。ビジネスオブジェクツ社のデータの品質向上を行うためのソフトウェア「BusinessObjects Data Quality XI」との連携も実現し、管理されるマスタデータの品質を高め、高度な分析を可能にする。


SAPジャパン
http://www.sap.com/japan/

関連記事

SAPジャパン、マスタデータ管理統合ソリューション「SAP NetWeaver Master Data Management 7.1」を発表SAPジャパンは11月20日、企業内のあらゆるマスタデータを柔軟かつ容易に統合するソリューション「SAP NetWeaver Master Data Management」の最新版「SAP NetWeaver MDM 7.1」の提供を開始した。

PAGE TOP