[最前線]

Web技術の未来がここにあるーーTechCrunch 50開催レポート

2008年11月21日(金)

最優秀賞は“ささやき”を企業内で共有する「ヤマー」 IT、特にWeb技術を活用したサービスの分野では、世界中のベンチャーが日の目を見るチャンスをうかがっている。 ユーチューブ、トゥイッター…。次に成功を手にするのは誰か。 2008年9月8日からの3日間、 Web技術を使ってユニークなアイデアを形にしているテック系の関係者がサンフランシスコに集結。 50を超えるサービスを対象にした選考イベントが開かれた。現地の模様をリポートする。

Webを駆使した新しいサービスや会社のことを、最近では「テック」という言葉で総称する。テック系の話題は新聞や雑誌より、専門ブログで取り上げられることが多い。代表的なブログが「TechCrunch」である。

サンフランシスコ郊外に住むマイケル・アリントン氏がテック系のニュースを扱う専門ブログ、TechCrunchを立ち上げたのは2005年のこと。今では、ブログのサーチエンジン「テクノラティ」で常に、お気に入りブログの世界トップ2位にランクされている。TechCrunchで取り上げられるかどうかが、テック系ベンチャーやサービスの資金調達や株式上場の行方を左右するほど、大きな影響力を持つ。

一方、およそ10年前、ニューヨークのシリコンアレーで、ジェイソン・カラカニス氏がテック系のニュースを扱うタブロイド紙「シリコンアレー・リポーター」を創刊した。同氏は後にシリコンアレー・リポーターをダウ・ジョーンズに売却。現在はロサンゼルスを本拠に、人海戦術サーチエンジン「マハロ」を運営する企業を経営している。

アリントン氏とカラカニス氏。テック系に造詣の深い2人は、優れたベンチャーやサービスを選出するイベントを企画した。それが、年に一度サンフランシスコで開かれる「TechCrunch」である。初回の昨年は、最終選考に40社のベンチャーが残ったので「Tech Crunch 40」と題し、サンフランシスコ中心部の「パレスホテル」で開催。最終選考に53社が残った今年は「Tech Crunch 50」とし、倉庫街にあるサンフランシスコ・デザインセンターに会場を移して開かれた(写真1)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
最前線一覧へ
関連記事

Web技術の未来がここにあるーーTechCrunch 50開催レポート最優秀賞は“ささやき”を企業内で共有する「ヤマー」 IT、特にWeb技術を活用したサービスの分野では、世界中のベンチャーが日の目を見るチャンスをうかがっている。 ユーチューブ、トゥイッター…。次に成功を手にするのは誰か。 2008年9月8日からの3日間、 Web技術を使ってユニークなアイデアを形にしているテック系の関係者がサンフランシスコに集結。 50を超えるサービスを対象にした選考イベントが開かれた。現地の模様をリポートする。

PAGE TOP