[最前線]

Forrester Research's Analysis 経営視点の5つの指標がIT投資の成否を分ける

2008年11月21日(金)

IT投資の効果をどのように測定すべきか。CIO(最高情報責任者)が常に問われ続けてきた課題である。 測定のキーポイントは指標の設定。ビジネスの成果に最もインパクトが大きい指標に限定して選ぶことが重要だ。 ビジネス戦略に合致しているか、予算配分のバランスが崩れていないか、サービスレベルは十分に確保できているか。 経営視点で設けた5つの指標がIT投資の成否の鍵を握っている。 本稿は米フォレスター・リサーチ発行の記事「The Five Essential Metrics For Managing IT」を翻訳、編集して掲載しています。

ITは経営ツールであるにもかかわらず、IT投資の効果を測るための指標は、経営にダイレクトに結びついていないことが意外に多い。例えば、WAN(広域ネットワーク)の可用性やサーバーのダウンタイムなどを指標にする。

こうしたIT視点の指標では、技術を評価することは可能だが、ビジネスへの貢献度を把握するのは難しい。評価結果を基に、ITがもたらすビジネス上のメリットについて具体的に説明することも容易ではない。結果として、企業の多くがITコストをどれだけ削減できるかという分かりやすい指標に目を奪われて、ITコストの削減を目指し続けることになる。

この流れを断ち切り、真に有効なIT投資を実現するためにCIOは次のような視点の評価指標を盛り込んだスコアカードを作らなければならない。

マネジメント層が理解でき、かつ業務に関連する内容であること

ITとビジネスは違う言語を用いている。サーバーの可用性、ネットワークのスループット、ヘルプデスクのコールボリューム、設備の稼働率といったIT視点の指標は、マネジメント層には馴染みの薄い言葉だ。これらの指標はビジネスアプリケーションの可用性や事業を支援するコストなど、事業分野の担当者が理解できる言葉に翻訳しなければならない。技術の詳細はITの中だけにとどめておくべきである。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
最前線一覧へ
関連記事

Forrester Research's Analysis 経営視点の5つの指標がIT投資の成否を分けるIT投資の効果をどのように測定すべきか。CIO(最高情報責任者)が常に問われ続けてきた課題である。 測定のキーポイントは指標の設定。ビジネスの成果に最もインパクトが大きい指標に限定して選ぶことが重要だ。 ビジネス戦略に合致しているか、予算配分のバランスが崩れていないか、サービスレベルは十分に確保できているか。 経営視点で設けた5つの指標がIT投資の成否の鍵を握っている。 本稿は米フォレスター・リサーチ発行の記事「The Five Essential Metrics For Managing IT」を翻訳、編集して掲載しています。

PAGE TOP