[株価から見るIT企業の強みと弱み]

セキュリティのSaaS化 [トレンドマイクロ(証券コード 4704)]

2008年11月25日(火)

米国発の金融危機により株式市場全体は大幅に下落しているが、9月中旬時点でのトレンドマイクロの株価は堅調だ。背景には、同社が来期以降、本格的に展開する新サービス、「Smart Protection Network(SPN)」への期待感があると考えている。

トレンドマイクロの製品「ウィルスバスター」を利用している人は、バージョンアップのたびに重くなったと感じるのではないか。自宅のパソコンで同製品を利用している筆者も、その1人だ。“重くなる”大きな原因は、1セキュリティ攻撃の増加→2攻撃から防御するためのパターンファイル数および頻度の増加→3メモリの大量消費およびアップデート頻度の増加、にある。

事実、ここ数年の間、セキュリティ攻撃は増加の一途を辿っている。5年前はCode Red, Nimdaといった全世界に蔓延するアウトブレーク型ウィルスが猛威をふるっていた。しかし、現在ではメールやWebによるフィッシング(正規のメールやWebサイトを装い、暗証番号やクレジットカード番号を詐取する詐欺)が急増。しかも攻撃者はフィッシングを検知されないよう、特定の組織・地域に絞った攻撃にシフトしつつある。トレンドマイクロとしては、あらゆる攻撃を検知し、その対策を迅速におこなうため、結果的に処理が重くなる現象につながっているのだ。

問題を解決するために辿り着いたのが、トレンドマイクロがいうところの「in the cloudアプローチ」である。同社の解析センターでインターネット上に存在するWebサイトやメール、ファイルを収集・精査し、危険度に基づいてスコアリングする(レピュテーション)。クライアントはWebへのアクセス、ファイルダウンロードなどの前に、同社のサービス(クラウド)にアクセス。目的サイトがレピュテーションの閾値を超えた場合、クライアントはアクセスできない仕組みになっている。セキュリティのSaaSと言える。

この利点として、1クライアントはクラウドにアクセスするだけで済むので自社でサーバーなどを設置する必要がないことに加え、2大量のパターンファイルを保持する必要がないので、リソースが貧弱な機器でも重さを感じずに使えることがある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
株価から見るIT企業の強みと弱み一覧へ
関連記事

セキュリティのSaaS化 [トレンドマイクロ(証券コード 4704)]米国発の金融危機により株式市場全体は大幅に下落しているが、9月中旬時点でのトレンドマイクロの株価は堅調だ。背景には、同社が来期以降、本格的に展開する新サービス、「Smart Protection Network(SPN)」への期待感があると考えている。

PAGE TOP