CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[私の本棚]

「本田宗一郎からの手紙」他2冊 (鹿島建設 金香 成明)

2008年11月25日(火)

それほど読書家ってわけではありません。1カ月に読むのは2〜3冊ってところかな。だから、こういうコーナーに出るのはちょっと気後れしています。おこがましいんじゃないかって。学生時代は1年で120冊読んだこともあったけれど、仕事や家庭を持つとなかなかそうはいきませんね。

本田宗一郎からの手紙
本田宗一郎からの手紙
片山 修 編
PHP研究所
ISBN:978-4569691978

ただ、ビジネスパーソンとして必要な教養を身につけるために、名著と言われる本は読んでおこうと心がけています。新聞や雑誌の書評欄や新刊案内をチェックして、「ウェブ進化論」(梅田望夫著)のような話題の本にはできるだけ目を通します。

著者やジャンルにはこだわりません。買うのはもっぱら文庫本か新書。ハードカバーは重くてかさばるから、通勤電車で読むには不便でしょ。読みたい本は文庫化されるまで待ちます。こんなことを言うと、本当の本好きには怒られちゃうかもしれませんが。

最近読んだなかで強く印象に残ったのは、「本田宗一郎からの手紙」(片山修編)です。私が勤める鹿島建設は、橋や道路といった社会資本を作っています。それだけに、社員は「自社の利益だけを追求してはいけない。利用者や協力会社がみんな得するような仕事の仕方をすべき」という公共意識が強いんですよ。この本を読んで、私はそんな意識をますます強めました。こうしてぱらぱら見返してみても、実にいいことを言っている。いちいち腑に落ちるんですよ。例えばほら、この「思想が正しくなければ、正しい行動は生まれない」。どうです、心に響く言葉じゃないですか。

仕事に役立つという意味では、お好み焼きチェーンの社長が書いた「できるやんか!」(中井政嗣著)もよかったですね。社員の悪いところには少々目をつぶる。その代わり、よいところをどんどん見つけて光らせてやる。著者はそんな発想で、社内のモチベーションを高めることに成功しています。「失敗したっていい。人間は、欠けているから伸びるんや」というプラス思考は、部下を持つ身として大いに参考になりますね。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
私の本棚一覧へ
関連記事

「本田宗一郎からの手紙」他2冊 (鹿島建設 金香 成明)それほど読書家ってわけではありません。1カ月に読むのは2〜3冊ってところかな。だから、こういうコーナーに出るのはちょっと気後れしています。おこがましいんじゃないかって。学生時代は1年で120冊読んだこともあったけれど、仕事や家庭を持つとなかなかそうはいきませんね。

PAGE TOP