[CIO INSIGHT]

技術者の確保に苦悩する 米企業のIT部門

2008年11月26日(水)

Tackling the IT Talent Crunch By Eileen Colkin Cuneo 翻訳 : 古村 浩三 米国企業におけるIT人材問題を取り上げた。米国でも日本と同様に、優秀な高度人材や若手の不足が大きな問題になりつつある。ITとマネジメント、ヒューマンスキルに精通した高度人材が足りない、レガシーシステムの保守・維持に関わってきたベテラン技術者の退職年齢に達した、ITに対する若者(学生)の関心が急低下している、などだ。米企業は強い意思で、この問題を乗り切ろうとしている。(本誌)

米企業のIT責任者にとって最近大きくなってきている悩みの種は何か。IT投資の管理はもちろんだが、経営のためにもっとITを使わなくてはならないにもかかわらず、要求される技術を持ったITエンジニアを雇うことが難しくなっているということだ。

CIO団体である情報マネジメント協会(SIM)が行った昨年の調査では、CIO(最高情報責任者)が最も悩んでいる点は必要な技術を持った従業員をいかに確保・維持していくかだった。実際の調査では雇用が4番目、維持が8番目だったが、これらを合計すればトップになる。

人材発掘の困難の源は企業自身にあり

イメージ画像

コーン油、コーンシロップなどを製造するACHフードのIT戦略責任者ジョン・オグレスビー氏は、常に新しい才能を持った人を探し続けている。新しいERPシステムの導入とその後の維持・管理のため、SAPの技術および機能に精通している専門家を必要としているからだ。

2007年以降、経済状況が落ち込んでおり、IT技術者から「充分な仕事がない」という声が出ていることを考えれば、適任者を探し当てるのはそれほど難しいことではないはずだと考えていた。オグレスビー氏はこの5カ月間懸命に人探しをしたが、ポジションはまだ空席のままだ。その間適任者にめぐりあったと感じたり、あるいはそう期待したりしたことがまったくなかったわけではない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
CIO INSIGHT一覧へ
関連記事

技術者の確保に苦悩する 米企業のIT部門Tackling the IT Talent Crunch By Eileen Colkin Cuneo 翻訳 : 古村 浩三 米国企業におけるIT人材問題を取り上げた。米国でも日本と同様に、優秀な高度人材や若手の不足が大きな問題になりつつある。ITとマネジメント、ヒューマンスキルに精通した高度人材が足りない、レガシーシステムの保守・維持に関わってきたベテラン技術者の退職年齢に達した、ITに対する若者(学生)の関心が急低下している、などだ。米企業は強い意思で、この問題を乗り切ろうとしている。(本誌)

PAGE TOP