[ザ・プロジェクト]

第2回 オープン系統合に仮想化を 活用地道な作業でコストを4割圧縮 【カシオ計算機】

2008年11月26日(水)

カシオ計算機は2008年10月までに、社内に散在していたオープン系の部門サーバー360台を統合。マシンルームで一元管理することで、大幅なコスト削減を成功させた。先進的な取り組みが順調に進む裏には、失敗を恐れない探求心と地道な検証作業があった。 (聞き手は本誌副編集長・川上 潤司)

─ 仮想化技術を使ったサーバー統合を進めていますね。

矢澤 はい。部門サーバー500台を対象に、2005年後半から統合を進めています。部門サーバーとは、ユーザーが自部門の予算でハードやソフトを購入し、自分たちで運用しているサーバーのことです。これまでに、360台分のサーバー機能を64台に集約しました。

─ それらはすべて、仮想化による統合ですか。

国吉 いいえ。今のところ、仮想化しているのは155台分です。仮想化することが目的ではありませんから。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

第2回 オープン系統合に仮想化を 活用地道な作業でコストを4割圧縮 【カシオ計算機】カシオ計算機は2008年10月までに、社内に散在していたオープン系の部門サーバー360台を統合。マシンルームで一元管理することで、大幅なコスト削減を成功させた。先進的な取り組みが順調に進む裏には、失敗を恐れない探求心と地道な検証作業があった。 (聞き手は本誌副編集長・川上 潤司)

PAGE TOP