[新製品・サービス]

営業部門の見える化を推進する「営業ダッシュボードパック」の販売を開始

2008年11月27日(木)

アジアを中心にコンサルティング事業を展開するアビームコンサルティングは11月26日、「営業ダッシュボードパック」の販売開始を発表した。ツールやテンプレートを利用した営業の業績評価、課題抽出、改革ポイントの設定などのコンサルティングと、管理画面(営業ダッシュボード)のシステム構築をセットにしたもので、それにより「営業の見える化」を支援する。

同社によれば、営業部門では、顧客の多様化や激しい市場変化に際し戦略の立案・実行における迅速な判断や、競合との差別化を図るための営業改革が求められるところから、業務改善や営業支援ツール(SFAパッケージ)の導入など、多くの取り組みが行われてきている。しかし依然として属人的なノウハウへの依存度が高く、適切な経営判断を行うための「営業の見える化」が十分でないと考えられる。

「営業ダッシュボードパック」は、営業におけるKPI(重要業績評価指標)の定義、管理画面のシステム構築など、同社がコンサルティング実績で培ったノウハウを利用し、「営業の見える化」を短期間かつ低コストで可能にするというもの。営業の現場の状況が客観的なデータとして可視化されることで、課題の発見・課題解決に向けた検討へとつながり、最終的には顧客対応力の向上、商談の質/量の向上、営業関連コストの低減/コスト投下の適正化など、企業の営業改革に向けた意思決定も容易になるという。

同製品は、具体的には以下の作業項目から構成される。

  • インタビュー:営業部門主要関係者に対してインタビューを実施
  • 診断:アセスメント(業績評価)ツール・プロセス標準モデル・評価指標体系を利用し、インタビュー結果および現状の営業プロセスを診断
  • 課題の抽出・改革ポイントの選定:診断結果から課題を抽出し、改革ポイントを選定
  • システム構築:テンプレートを利用した営業ダッシュボードシステムを構築

営業部門では、「見えたこと」に基づきいかに意思決定を行い、継続的な営業活動を行っていくかが重要になるが、同製品では「営業の見える化」によって、「Plan(改革ポイントやKPIに基づいた営業計画の策定)」、「Do(営業活動におけるKPIの取得)」、「Check(営業ダッシュボードによるKPIのモニタリング)」、「Action(KPIをもとにした指導-対応-報告)」といったPDCAサイクルを構築できる。

同社では、今回の「営業ダッシュボードパック」販売とあわせて、インタビュー・診断、課題抽出・改革ポイントの設定までに絞った「営業クイックアセスメントサービス」も販売を開始する。価格は、「営業ダッシュボードパック」が980万円(税別)から、「営業クイックアセスメントサービス」が200万円(税別)から。関連コンサルティングサービスも含め初年度2億円の売り上げを目指す。


アビームコンサルティング
http://www.abeam.com/jp/

関連記事

営業部門の見える化を推進する「営業ダッシュボードパック」の販売を開始アジアを中心にコンサルティング事業を展開するアビームコンサルティングは11月26日、「営業ダッシュボードパック」の販売開始を発表した。ツールやテンプレートを利用した営業の業績評価、課題抽出、改革ポイントの設定などのコンサルティングと、管理画面(営業ダッシュボード)のシステム構築をセットにしたもので、それにより「営業の見える化」を支援する。

PAGE TOP