データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[技術解説]

PART3 マスター不整合が引き起こす課題と 統合に向けた5つのポイント

2008年11月27日(木)

マスター統合におけるポイントは何か。筆者は、(1)マスター項目の粒度、(2)項目定義の正しさ、(3)マスター項目の正確性、(4)マスター連動、(5)マスターの変化対応を挙げる。「きちんと設計し、実装しただけで済まないのがマスターデータ管理。効率よく正確にマスターを維持するには、設計時に事業の変化対応まで考慮するべき」という。(本誌)

test
図1 マスター統合で考慮すべき5つのポイント

「必要な情報が手に入るまでに思わぬ時間がかかる。結局、経験や勘頼みで意思決定をせざるを得ない」、「データや情報の定義に関して個人の解釈が介在し、信憑性に疑問がある」、「販売チャネル別、セグメント別、製品別など集計の切り口を変えるだけで、膨大な工数がかかってしまう。結果として自由な分析ができない」、「複数の事業部門システムを横断した得意先別の売掛金を把握できないため、焦げ付きが発生したことがある」。いずれも筆者がCIO、あるいはITコンサルタントとして複数の企業で見聞きした実話である。

このような、データや情報に関する信憑性の低さや正確性に対する不安、また必要なタイミングに対応しきれない原因はどこにあるのか。多くの企業では事業部門ごと、子会社ごとに異なるサーバーを立てて業務システムを構築・運用し、日常の業務オペレーションを行っている現実がある。システムは部分最適になり、データが各所に分散しているほか、マスターデータも齟齬がある。結果として、いざ情報を横断的に分析しようとしても簡単にはいかないことが、その一つであることは間違いないだろう。

マスター不整合に起因する問題

何よりもマスターデータの不整合は、様々な問題を引き起こす。複数のシステム群に散在したデータを結びつけることが非常に困難になり、情報を集約できない、できても現実的には多大な工数がかかるのがその典型例だ。筆者が関与したある企業では、製品マスター、得意先マスターが10種類以上のシステムにそれぞれ同じ、または異なる定義で存在していた。情報の集約はもちろん、日常の業務でも無駄な作業が生じていた。例えば新製品を発売した際に複数のシステムに重複してマスターを登録しなければならないといったことである。

この問題の難しい点は、単純にマスターを整備し、一本化すれば済むわけではないことにある。マスターの内容を変更すると、例えば過去に蓄積されたデータの意味が変わったり、無意味になってしまう問題が生じる可能性がある。部門別、製品別の過去の実績データが正しいのか正しくないのかの判断がしにくくなるのだ。自社のマスターの変更が取引先や顧客のシステムに影響を及ぼす可能性もある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

PART3 マスター不整合が引き起こす課題と 統合に向けた5つのポイントマスター統合におけるポイントは何か。筆者は、(1)マスター項目の粒度、(2)項目定義の正しさ、(3)マスター項目の正確性、(4)マスター連動、(5)マスターの変化対応を挙げる。「きちんと設計し、実装しただけで済まないのがマスターデータ管理。効率よく正確にマスターを維持するには、設計時に事業の変化対応まで考慮するべき」という。(本誌)

PAGE TOP