データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[海外動向]

コラム1 MDMを巡る米国の事情−海外でもマスターデータ統合の問題は深刻だ

2008年11月27日(木)

本特集の冒頭で海外企業は、マスターデータ統合に関して先行していることを示した。実際のところはどうなのか。データ統合の専門企業である米インフォマティカのジェームズ・マカリアン上級副社長兼CTO(最高技術責任者)に聞いた。

─米国企業は、データ統合に関して何らかの問題を抱えているか。

データ統合そのものに関して問題を抱えているよりも、まずデータアクセスに関わる問題を認識し、解決策としてデータ統合を選択している傾向が強い。データアクセスに関わる問題とは、第一に“必要な情報がどこにあるのかわからない”ことだ。売り上げが100億ドルを超える大企業は、30以上の基幹システムを導入し、何万というデータソースを抱えている。必要なデータを探すのは容易ではなく、深刻な問題だ。

これが解決しても、今度は各データのフォーマットが異なっているので活用できない問題がある。データがシステム上に散在していることも問題だ。例えば、CRMシステムに登録されている顧客名と、別のシステムにある同一の顧客名が別人なのか同一人物なのか、正確に判別できない。これらがデータアクセスに関わる問題の典型例だ。

─どのくらいの割合の企業がそうした問題を抱えているのか。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

コラム1 MDMを巡る米国の事情−海外でもマスターデータ統合の問題は深刻だ本特集の冒頭で海外企業は、マスターデータ統合に関して先行していることを示した。実際のところはどうなのか。データ統合の専門企業である米インフォマティカのジェームズ・マカリアン上級副社長兼CTO(最高技術責任者)に聞いた。

PAGE TOP