[新製品・サービス]

日立、ディスクアレイサブシステムにSSDとデータの暗号化機能を追加

2008年12月17日(水)

日立製作所は12月16日、エンタープライズ向けディスクアレイサブシステム「Hitachi Universal Storage Platform V(日立ユニバーサルストレージプラットフォーム ブイ)」(以下USP V)において、大幅にデータ処理の高速化を実現するソリッド・ステート・ドライブ(以下SSD)の搭載を可能とし、サーバなどの上位装置とのデータの読み出し/書き込みを制御するストレージコントローラ上で、データを暗号化して保存できる暗号化機能を追加して12月17日から販売を開始すると発表した。

また、エントリモデル「Hitachi Universal Storage Platform VM」(以下USP VM)においても同様の機能を追加し、12月17日から販売を開始すると発表した。

SSDは、フラッシュメモリを使用することにより、高速にデータの読み書きを実現する記憶装置。HDDと併用することで、HDDのみのシステム環境に比べ、データの処理速度の大幅な高速化を実現する。このため、金融業界における証券取引や電子決算などのオンラインシステムやデータベース処理などのアクセスが集中するシステム環境においても、迅速な業務処理が可能となる。また、ストレージシステムの構築に際して、アクセス頻度が高いデータをSSDに、保存期間が求められるデータは低コストなHDDに保存するなど、ユーザーのニーズに合わせた柔軟なデータ配置が可能となる。これにより、容易にシステムの構築や運用管理ができるなど、システム全体での最適化を実現する。

SSDは、ドライブ自体にモーターなどの駆動部分がないために消費電力を大幅に低減できる。HDDと比べると、1ドライブあたり約50%の省電力化を実現する。

あわせて、高い信頼性を誇る暗号化方式(AES 256 ビット)を採用したデータ暗号化機能を追加。ディスクアレイ装置のドライブにデータを格納する際に、ストレージコントローラ上で直接データを暗号化し、保存することが可能になる。万が一、保守作業に伴いドライブが持ち出された場合にも暗号鍵がディスクには存在せず、不正なデータ解析は困難となるため、セキュリティレベルの高い情報漏えい対策を実現する。また、サーバやスイッチなどの上位側リソースの使用や新たなシステム設定の変更が不必要であり、暗号化機能を容易に導入できる。

■ 製品の価格と出荷時期

名称 概要 価格(税込み) 出荷時期
Hitachi
Universal Storage Platform V
ディスクアレイサブシステム
データ暗号化対応
ファイバチャネル8ポート
サブシステム物理容量約357GB~
137,789,400円~ 2008年
12月17日
(SSD対応製品は2009年末予定)
Hitachi
Universal Storage Platform VM
ディスクアレイサブシステム(エントリモデル)
データ暗号化対応
ファイバチャネル8ポート
サブシステム物理容量約357GB~
53,689,650円~

日立ストレージソリューション
http://www.hitachi.co.jp/storage/

関連キーワード

SSD

関連記事

日立、ディスクアレイサブシステムにSSDとデータの暗号化機能を追加日立製作所は12月16日、エンタープライズ向けディスクアレイサブシステム「Hitachi Universal Storage Platform V(日立ユニバーサルストレージプラットフォーム ブイ)」(以下USP V)において、大幅にデータ処理の高速化を実現するソリッド・ステート・ドライブ(以下SSD)の搭載を可能とし、サーバなどの上位装置とのデータの読み出し/書き込みを制御するストレージコントローラ上で、データを暗号化して保存できる暗号化機能を追加して12月17日から販売を開始すると発表した。

PAGE TOP