[木内里美の是正勧告]

vol.3 情報システムに無謬性は有り得ない

2008年12月22日(月)

情報システムはよく落ちる。システム障害も起きる。特に新しいシステムの稼働直後や保守をかけた時は、障害の発生確率が高い。しかし安定稼働に入っても、システムは落ちる。コンピュータは電子機器である。ネットワークも絡めば、複数のハードウェア、ソフトウェアも相互に作用する。特に人が絡む要素が多いソフトウェアには当然、ミスが含まれる。成り立ちからして、情報システムに無謬性は有り得ない。

にもかかわらず、情報システムは無謬なものだと思っている経営者やユーザーは、多いのではないか。システムベンダーにしても、あえて「無謬ではない」と口にする必然性はない。結果として、ITのコモディティ化が進んだ現在では、情報システムは障害なく動いて当然とされる。万一、障害が起これば、企業活動にも社会生活にも支障をきたす。メディアの論調も、ほとんどが過ちを厳しく指摘するものだ。

金融機関のシステム障害のケース

確かに交通管制のシステムや証券・金融のシステムなど重要なインフラでは、障害の影響は大きい。当然、障害の発生確率を低減する手立てや、障害発生時に早期復旧する対策のようなリスク管理は、重要度に応じて行っている。しかしそれでも情報システムは落ちる。

今年5月に、ある金融機関で提携金融機関のATMでの引き出しが出来ないという障害が起きた。全体の取引からみれば障害の影響範囲は最小限であり、大きな実害は生じなかった。しかも原因を早期に特定し、当日中に障害を終息させている。システム管理の経験のある者なら、裏側ではどれだけの準備とリスク対策が行われてきたかが感じられたはずである。

9月には航空会社のチェックイン・システムで大規模な障害が起こった。原因は認証サーバーの有効期限切れだという。出来のいい運用とは言えないが、起こりがちなことでもある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
木内里美の是正勧告一覧へ
関連記事

vol.3 情報システムに無謬性は有り得ない情報システムはよく落ちる。システム障害も起きる。特に新しいシステムの稼働直後や保守をかけた時は、障害の発生確率が高い。しかし安定稼働に入っても、システムは落ちる。コンピュータは電子機器である。ネットワークも絡めば、複数のハードウェア、ソフトウェアも相互に作用する。特に人が絡む要素が多いソフトウェアには当然、ミスが含まれる。成り立ちからして、情報システムに無謬性は有り得ない。

PAGE TOP