[要求仕様の美学]

第3回 システム化の狙いや背景に言及し 経営判断や開発計画立案を支援する

2008年12月22日(月)

要求仕様書には、システムに求める機能を列挙しさえすればよいと思っていないだろうか。しかし、それでは経営者や供給者にシステムの全体像を伝えられない。求める機能の提示は確かに重要ではあるが、要求仕様を構成するほんの一部にすぎないことを知っておこう。

前回、システム取得者側が要求仕様書に記載すべき必須項目とオプション項目を挙げた。今回は、それぞれの項目を詳細に見ていく。

要求仕様書は必ずしも取得者側がすべて自力で完成させる必要はない。システムの規模や技術的な難易度によっては、システム供給者側に任せたほうがよい項目もある。だが、「なぜその項目を書く必要があるのか」「どのような点に留意して書くのか」を取得者側が理解しておくことは重要である。

要求仕様の必須項目─利用イメージを具体的に描く

まず、要求仕様書に必ず記載すべき10項目について述べる(表1)。これらの項目を記述する際は、抽象的な議論にならないよう心がける。

表1 要求仕様の必須10項目
項目 記述する内容 記述する目的
システム化の目的・狙い システム化の目的や方向性、期待する効果
例)業務プロセスを効率化し、年間5000万円のコストダウンを図る
経営者や供給者とこれからの方向性を共有し、システム化の当事者全員の力を集約する
現行の問題点 日々の業務における問題点、困っていること
例)在庫管理業務で入力作業の負荷が高い。作業時間は50時間/月
経営者や供給者に、システム化の理由・背景を伝える
解決策の概要 考えられるすべての解決策と、そのなかでシステム化による解決策が最善であるという論的背景 経営者や供給者に、問題解決の方向性やシステム化の必要性を伝える
用途・利用者 利用者のプロフィール(社名・部署名・所在地・利用人数)や、システムの使い方 経営者や供給者に、システムの利用イメージを伝える
要求すべき機能 「解決策の概要」を実現するために必要な機能の詳細な定義
例)クライアントPCの稼働状況を5分おきに確認し、異常を発見したら管理責任者にメールで通知する機能
経営者や供給者に、システムの具体的な機能や実装イメージを伝える
実行環境 システムの種類やOS、サーバー、DBといった動作環境や、クライアントPCのOS、ブラウザ、他システム向けアプリケーションの有無、通信回線の速度といった利用環境 供給者に、システム規模を最適化するための材料を提供する
システム化範囲 開発範囲や他システムとのデータ連携の有無、求めるセキュリティレベル 供給者に、既存システムとの整合性をとりつつ、必要なセキュリティ対策を講じるための指針を与える
操作要件 システムのユーザーインタフェースについて、使用言語やカラー設定、テキストベースかグラフィックベースか、キーボード操作かマウス操作かなど 供給者に、データ入力や画面参照といった機能を設計するための指針を与える
使用条件 利用時間やオンラインアクセスの有無、1日当たりのアクセス件数、同時接続が可能なユーザー数、トランザクション処理、バッチ処理の有無といったシステムの使用条件 供給者に、ハードウエアやソフトウエアを設計するための指針を与える
性能要求 システムにどの程度の応答性や拡張性、可用性を求めるか 供給者に、ハードウエアを選定したり稼働後の運用案、将来の増強案を立案したりする際の指針を与える

1. システム化の目的・狙い

システム化にかかわる当事者全員が力を集約するには、これから進むべき方向について合意しておくことが不可欠だ。このため、要求仕様書にはまずシステム化の目的や狙いを明記する。例えば、「業務プロセスを効率化することでコストダウンを図る」「新商品を投入することで市場を活性化し、収益を増加させる」といったことである。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
要求仕様の美学一覧へ
関連記事

第3回 システム化の狙いや背景に言及し 経営判断や開発計画立案を支援する要求仕様書には、システムに求める機能を列挙しさえすればよいと思っていないだろうか。しかし、それでは経営者や供給者にシステムの全体像を伝えられない。求める機能の提示は確かに重要ではあるが、要求仕様を構成するほんの一部にすぎないことを知っておこう。

PAGE TOP