[CIO INSIGHT]

CIOの“秘密兵器”として脚光 「BPI」が企業を救う

2008年12月24日(水)

BPI : The CIO’s Secret Weapon By Brian P. Watson 翻訳 : 古村 浩三 IT導入効果を最大化できるか否かは、CIOが自社のビジネスプロセスを根本的に見直し、変革をもたらせるかどうかにかかっている。高性能なシステムを導入したはいいが、機能の大部分は使わないままーー。厳しい経済状況下では、このような状況はとうてい許されない。社内の抵抗を乗り切り、ビジネスプロセスの革新に立ち向かう米企業のCIO。彼らの取り組みや意識に学ぶところは多い。 (本誌)

経費削減に取り組みつつ、生産性の向上や収益増加を目指す企業。不安定な経済状況は、企業に戦略目標の見直しを強いる。状況を打破する秘密兵器となりえるのが、ビジネスプロセスの革新(BPI:Business Process Improvement)である。

米ジョージア州のノークロスにあるスポーツ用品メーカー、ミズノUSAは、2000年に新しいERP(統合業務管理)システムを導入した。同社のIT部門は、自社のそれまでのビジネスのやり方と、当時最新と言われていた新しいERPシステムとの整合性を取るのに大変苦労していた。同社のIT部門と顧客サポートの担当副社長で、現在はチーフビジネスプロセスエンジニアも兼任するキース・ニーリー氏によれば、その頃の会社の考え方は、たとえ新システム導入による利益が得られなくとも、今までのやり方は変えずにいこう、というものであったという。

ERP導入効果最大化のためプロセスを改善

だが、ニーリー氏はこのような考え方を受け入れることができなかった。同社は当時約1億ドルの売り上げを持っていたが、競合他社はその3〜4倍の規模。市場環境はより一層厳しくなるものと考えていたからだ。

ニーリー氏はERPシステムの価値を最大限発揮するために、BPIを実施した。ニーリー氏はまずクロスファンクショナルチームを編成。チームの最初の仕事は、ERPを活用するすべての組織を調査し、障害となっているプロセスを列挙、それを文書化することだった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
CIO INSIGHT一覧へ
関連記事

CIOの“秘密兵器”として脚光 「BPI」が企業を救うBPI : The CIO’s Secret Weapon By Brian P. Watson 翻訳 : 古村 浩三 IT導入効果を最大化できるか否かは、CIOが自社のビジネスプロセスを根本的に見直し、変革をもたらせるかどうかにかかっている。高性能なシステムを導入したはいいが、機能の大部分は使わないままーー。厳しい経済状況下では、このような状況はとうてい許されない。社内の抵抗を乗り切り、ビジネスプロセスの革新に立ち向かう米企業のCIO。彼らの取り組みや意識に学ぶところは多い。 (本誌)

PAGE TOP