[最前線]

世界に挑むアジアのWebーーOpen Web Asia '08 開催レポート

2008年12月24日(水)

Webビジネスのキーパーソンがソウルに集結 欧米=「西」に対するアジア=「東」。Webビジネスの世界では「西高東低」ととらえられがちだが、実はアジアにも相当のポテンシャルがある。今こそ、その力を世界に向けて情報発信しなくてはならない。こうした熱い思いを込めて開催されたイベントが「Open Web Asia '08」である。 2008年10月14日、アジアのWebビジネスのキーマンが韓国ソウルに結集し、アジアのWebの将来を本音で語り合った。その現地の様子をレポートする。

米国で人気を博したソフトウェアやサービスが米国外の市場に投入されることは、決して珍しいことではない。SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)や「Web2.0」という言葉に象徴されるWebサービスは、その多くが米国で生まれ、世界各地でローカライズされている。しかし、米国で成功を収めたサービスが、それ以外の国で必ずしも受け入れられるとは限らない。

一方、日本を含むアジアでは、欧米に勝るとも劣らないWebサービスが生まれているにもかかわらず、それらが欧米で広く受け入れられている事例はまだまだ少ない。

欧米を西、アジアを東で表したとき、インターネットの産業で明らかに「西高東低」の構図が出来上がってしまっているのは、その情報量や情報を伝えるメディアの力の差が原因と言われている。このような状況に一石を投じようと、今年初め、中国でテックブログ(ITニュースを伝えるブログ)を書く盧剛氏や、やはりテックブロガーで韓国でブログシステムの開発会社「TNC」の社長を務めるキム・チャンウォン氏(TNCは9月、グーグルにより買収)らが中心となり、「Open Web Asia」(OWA)というワーキンググループが設立された。OWAはWebサイトを開設し、そこには東アジアや東南アジア各国のテックブログに書かれたニュースのタイトルを一堂に集め、欧米に向けてアジアのITを強く情報発信していくことに主眼を置いている。

このOWAが中心となり、アジアのWebビジネスのキーパーソンを一堂に集め、アジアのWebの将来を語るイベント「Open Web Asia '08」を10月14日に韓国ソウルで開催した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
最前線一覧へ
関連記事

世界に挑むアジアのWebーーOpen Web Asia '08 開催レポートWebビジネスのキーパーソンがソウルに集結 欧米=「西」に対するアジア=「東」。Webビジネスの世界では「西高東低」ととらえられがちだが、実はアジアにも相当のポテンシャルがある。今こそ、その力を世界に向けて情報発信しなくてはならない。こうした熱い思いを込めて開催されたイベントが「Open Web Asia '08」である。 2008年10月14日、アジアのWebビジネスのキーマンが韓国ソウルに結集し、アジアのWebの将来を本音で語り合った。その現地の様子をレポートする。

PAGE TOP