[技術解説]

PART4 企業間連携や製品・製造原価の把握へ 機能強化が加速する製品群

2008年12月25日(木)

サプライチェーンは製品開発や資材調達、生産、物流、販売など、自社と取引先のあらゆる業務が関連する。それだけにSCMシステムを構成する機能は、需要予測や在庫補充計画をはじめとする「計画系」、生産や販売のプロセスを実行して実績を蓄積する「実行系」と幅広い。パート4では、外資系大手ベンダーと国産ベンダーの製品戦略をまとめた。

SCMシステムを構成する機能は大きく「計画系」と「実行系」に分けられる(図6)。計画系の代表的な機能は需要予測。過去2、3年の販売実績や出荷実績に基づいて将来の売れ行きを予測する。需要予測に応じて適正な在庫量を維持するための補充計画を立案する「在庫補充計画」、需要予測や在庫補充計画から生産量を算出する「生産計画」も計画系に含まれる。

画像:図6

実行系は生産や販売、物流のプロセス実行や、実行結果を管理する。例えば「販売管理」は、いつ、どの製品が、誰に、何個売れたのかに関する情報を管理する。ほかに生産拠点や物流拠点ごとに製品の在庫を管理する「在庫管理」、生産に用いる部品や梱包材を管理する「資材管理」などで構成する。

以前は計画系のシステムを充実させて、生産計画や販売計画の見直しサイクルを月次から週次に短縮することがSCMのメインテーマだった。しかし、ユーザー企業の取り組みを見ると、最近は実行系の整備を急ぐ企業が増える傾向がある。中でも、企業内だけでなく取引先を含むサプライチェーン全体のプロセスを管理する仕組みの実現が最大の関心事になっている。

SAP、オラクルはSCM機能を大幅拡充

SCMの分野では外資系ベンダーの製品を活用する企業が多い。米ガートナーの調べでは、SAPとオラクル、JDAソフトウェアが世界のSCMソフト市場で3強とされる。各社共にSCM分野で豊富な製品ラインナップを揃えていることが、シェアの獲得につながっていると言えそうだ(表1)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

PART4 企業間連携や製品・製造原価の把握へ 機能強化が加速する製品群サプライチェーンは製品開発や資材調達、生産、物流、販売など、自社と取引先のあらゆる業務が関連する。それだけにSCMシステムを構成する機能は、需要予測や在庫補充計画をはじめとする「計画系」、生産や販売のプロセスを実行して実績を蓄積する「実行系」と幅広い。パート4では、外資系大手ベンダーと国産ベンダーの製品戦略をまとめた。

PAGE TOP