[新製品・サービス]

十八銀行で日本ユニシスの新勘定系システムが稼働開始

2009年1月6日(火)

日本ユニシスは、十八銀行と「BankVision」(国内勘定系システム)、「BankForce-NE」(国際勘定系システム)の各パッケージを基本に、Windows ServerおよびSQL Serverといったオープンシステムをベースとした新勘定系システムを開発し、1月5日より業務を開始したことを発表した。

BankVisionは、既存勘定系システム資産と専門業務ノウハウ、最新ITスキルを活用し、標準的なオープンプラットフォームで勘定系処理機能を提供する次期基幹系システムで、同社によれば以下の特徴を備えている。

  • オープン金融業務処理基盤「MIDMOST」採用によるポータビリティ(移植性)を備えたシステム構造により、コストと安全性のバランスの継続的な維持が可能。
  • テーブルウェア化/コンポーネント化(部品化)の採用により、それぞれの顧客層に応じた新商品/新サービスの提供や、銀行経営戦略/収益構造変革へのスピーディな対応が可能。
  • 銀行システムの広範な範囲を、堅牢性の高いアーキテクチャを有するミッションクリティカル・サーバー「Unisys Enterprise Server ES7000」、およびオープンプラットフォームの「Microsoft Windows Server 2003 Datacenter Edition」と「Microsoft SQL Server」で提供し、バンキングシステム全体としての親和性と効率化を向上させる。
  • 営業店事務を支援するチェック/省力化機能により、堅確化と合理化のさらなる促進を実現可能。店舗形態や取引パターンに対応する営業店連携取引機能により、柔軟かつスピーディな店舗戦略立案/営業体制の構築が可能。

また、BankForce-NEは、オープンプラットフォーム環境で稼働する国際勘定系システムで、同社が国際業務分野で培った業務やシステムのノウハウと、次世代金融ソリューション体系「UNIFINE」に基づく最新の開発技術が活かされているという。オープンミドルウェア「MIDMOST」の採用によって基幹系業務に必要な堅牢性、安全性が提供されるほか、銀行における国際業務のBPR(Business Process Re-engineering)を促進し、複雑な事務処理のSTP化(STP:Straight Through Processing)による銀行全体の外為事務フローの改善、ペーパーレスの実現、EUC(End User Computing)による分析・報告事務への応用など、斬新な考え方が多く採用されている。

同社は、長年にわたり地域金融機関向けのパッケージを提供してきているが、地方銀行におけるBankVisionの稼働については、百五銀行に続き十八銀行が2行目となる。

今回の新勘定系システムは、十八銀行と筑邦銀行、佐賀銀行の3行による国内勘定系システムの共同開発に関する合意に基づいて2005年7月から導入準備を開始、現在に至るまで共同開発を実施して、3行の中で初の稼働となる。システムの運用については同社提供の共同アウトソーシングセンターに委託し、十八銀行は独自の新商品/新サービスの開発に従事する。

今後、同社では筑邦銀行(2010年1月)、佐賀銀行(2009年5月)のシステム稼働を予定。また、オープン勘定系システムの販売を継続して推進し、地方銀行からのさらなる受注拡大を目指していくとしている。

日本ユニシス
http://www.unisys.co.jp/
 

関連記事

十八銀行で日本ユニシスの新勘定系システムが稼働開始日本ユニシスは、十八銀行と「BankVision」(国内勘定系システム)、「BankForce-NE」(国際勘定系システム)の各パッケージを基本に、Windows ServerおよびSQL Serverといったオープンシステムをベースとした新勘定系システムを開発し、1月5日より業務を開始したことを発表した。

PAGE TOP