[新製品・サービス]

富士通グループ、新型インフルエンザ対策関連ソリューションの提供を開始

2009年1月7日(水)

富士通と富士通総研は1月6日、同社グループが安心安全ソリューション「SafetyValue(セーフティバリュー)」強化の一環として新型インフルエンザ対策関連ソリューションの提供を開始し、企業の災害やセキュリティインシデントなどへの対応から、コンプライアンス強化、内部統制対応などの企業価値向上のためのガバナンスまで支援することを発表した。

社内実践によって得られたノウハウを活かし、新型インフルエンザをはじめとする新たな脅威に対して、ITを駆使した高度なセキュリティと利便性を兼ね備えた対策を提供し、顧客の資産の保護と企業価値向上への取り組みを支援していく。

新型インフルエンザは、動物、特に鳥類のインフルエンザウイルスが変化し、人から人へ感染して起こる疾患で、世界的な大流行が強く懸念されている。同社グループの新型インフルエンザ対策関連ソリューションは、新型インフルエンザに対する「行動計画策定ソリューション」、「事前対策ソリューション」、「教育・訓練ソリューション」の3つのソリューションを体系化したもので、概要は以下のとおり。

行動計画策定ソリューション

  • 「新型インフルエンザ対応計画策定コンサルティング」(新商品):富士通の社内実践および富士通総研のコンサルティング実績に基づく300種類以上におよぶ新型インフルエンザ行動計画テンプレート(F3PL:Fujitsu Pandemic Preparedness Plan Library)により、さまざまな業種・企業規模の顧客に対し最適な行動計画を最短1カ月で策定する。

事前対策ソリューション
1. 従業員・家族の安否確認を可能とする環境を提供

  • 「緊急連絡/安否確認サービス」(提供済):有事の際に、通話の回線集中によるトラブルの影響が少ない携帯電話のメール機能を使って従業員や職員およびその家族の安否情報を迅速に把握し、罹患状況の管理やコンタクトトレースを実施する。

2. 自宅・外出先から業務システムにアクセスし、業務を継続できる環境を提供

  • 「テレワークソリューション」(提供済):シンクライアント環境を導入して、自宅・外出先でも端末側にデータを持たずに、USBキーを利用した認証システムを用いセキュリティを保ちながら業務システムへアクセスできる環境を提供する。
  • 「マネージドPCソリューション」(提供済):PKI認証とVPNによるセキュリティ対策環境で業務システムへアクセスすることにより、既存のサーバー環境への修正負荷およびコストの低減に貢献する。
  • 「リモートデータバックアップサービス」(提供済):オフィス内にあるPCデータを、既存のインターネット回線を利用し遠隔地のシステムへバックアップすることで、バックアップしたデータの参照・更新をいつでもどこでも可能とする環境を提供する。

3. 有事の際でも、Webカメラ会議などのコミュニケーションを可能とする環境を提供

  • 「JoinMeeting(ジョインミーティング)」(提供済):インターネットを介して、時間・場所を問わずWebカメラ会議を行うことができる環境を提供する。
  • 「IPテレフォニー」(提供済):社外から直接、社内の内線に接続可能にすることで、有事の際にどこからでも内線電話を利用できる環境を提供。それにより、外線を使った遠距離電話の使用が不要となり、通話コストを抑えることが可能となる。

教育・訓練ソリューション

  • 「新型インフルエンザ従業員教育用e-Learningサービス」(新商品):従業員に新型インフルエンザに対する基本的な知識を身につけさせ、個人および家族の対応力を強化するためのe-Learningサービスを提供。日本語・英語に対応したサービスのため、海外現地法人社員に対しても適用できる。
  • 「新型インフルエンザ訓練評価サービス」(新商品):数十種類におよぶ想定シナリオを使った行動訓練の立案および実施、さらには訓練結果をふまえた改善点のレポートまで、組織の対応能力を継続的に向上させるための実践的な訓練を支援する。

同社グループでは、社内実践や顧客支援の実績から得たコンサルティングのノウハウを活用し、実践的な対策サービスを体系化し提供するほか、計画・対策・運用までをトータルにサポートすることで、リスク発生時に確実な対応を実施できるようにする。また、マルチキャリア対応の企業向けネットワークサービス「FENICSⅡネットワークサービス」やプラットフォーム製品、ミドルウェアを提供して、安心安全な環境の実現と情報資産の積極的な活用をトータルに支援していくという。

新型インフルエンザ対策関連ソリューションの販売価格は個別見積もりとなる。2011年度末までに、同社グループで売上50億円の販売を目指す。


富士通 安心安全ソリューション「SafetyValue」紹介ページ
http://segroup.fujitsu.com/security/

富士通総研 事業継続コンサルティング紹介ページ
http://jp.fujitsu.com/group/fri/consulting/business/bcm/services/

 

関連記事

富士通グループ、新型インフルエンザ対策関連ソリューションの提供を開始富士通と富士通総研は1月6日、同社グループが安心安全ソリューション「SafetyValue(セーフティバリュー)」強化の一環として新型インフルエンザ対策関連ソリューションの提供を開始し、企業の災害やセキュリティインシデントなどへの対応から、コンプライアンス強化、内部統制対応などの企業価値向上のためのガバナンスまで支援することを発表した。

PAGE TOP