[新製品・サービス]

住商情報、日本HP、マイクロソフトの3社がITプラットフォームで協業

2009年1月8日(木)

住商情報システム(SCS)、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)、マイクロソフトの3社は1月7日、戦略的なIT投資による費用削減や、社員の生産性向上など、企業の攻めの経営を支援するITプラットフォームソリューションとして「ワークスタイル革新IT基盤構築サービス」を共同で提供開始することを発表した。企業の出張・通信費用や紙の資料の削減、業務効率の向上、社内コミュニケーションの活性化などの支援を協力して行っていく。

同サービスは、日本HPのブレード型サーバーなどハードウェア製品と、マイクロソフトのOffice SharePoint Serverなどソフトウェア製品に、SCSのシステムインテグレーション導入ノウハウを組み合わせたもの。企業のコミュニケーション基盤を最適化することで、業務コストとIT投資を削減しつつ、異なる部門間や異なる拠点間での円滑なコミュニケーションが可能になるとしている。

サービスの概要は以下のとおり。

ワークスタイル革新IT基盤構築サービス
SCSが過去3年間に30社以上の企業で培った、マイクロソフト製ソフトウェア中心のSI実績をベースに、情報共有の基盤構築を短期/中期/長期にステップアップ導入していくためのノウハウをサービス化したもの。価格は、個別見積もりとなる。

サービス導入計画

  • 短期:既存システムのリプレイスと各製品の基本機能活用による業務定着化
  • 中期:各製品の上位機能の活用による業務効率の改善
  • 長期:.NET開発による、さらなる改善効率の実現につながるシステムの機能強化

各社の提供する製品およびサービス

  • SCS:「Office SharePoint Server」「Exchange Server」「Office Communications Server」および各製品の要件定義・設計・構築・運用サービス
  • 日本HP:ブレード型サーバー「HP BladeSystem」およびストレージ「HP StorageWorks EVA」
  • マイクロソフト:「Office SharePoint Server」「Exchange Server」「Office Communications Server」

今後3社は1月29日に都内で開催するイベント「コミュニケーション基盤のご提案-社員の生産性向上を実現!不況をのりきるITインフラ技術!-」をはじめ、営業・マーケティング・技術サポートなどにおいて各種の施策を展開し、今後1年間で30社の案件受注を目指す。

住商情報システム
http://www.scs.co.jp/

日本ヒューレット・パッカード
http://www.hp.com/jp/

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

「SCS、HP、MS 3社によるコミュニケーション基盤のご提案」
http://www.hp.com/jp/seminar12

 

関連記事

住商情報、日本HP、マイクロソフトの3社がITプラットフォームで協業住商情報システム(SCS)、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)、マイクロソフトの3社は1月7日、戦略的なIT投資による費用削減や、社員の生産性向上など、企業の攻めの経営を支援するITプラットフォームソリューションとして「ワークスタイル革新IT基盤構築サービス」を共同で提供開始することを発表した。企業の出張・通信費用や紙の資料の削減、業務効率の向上、社内コミュニケーションの活性化などの支援を協力して行っていく。

PAGE TOP