リスクマネジメント リスクマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

日本オラクル、企業のガバナンス、リスク管理、コンプライアンスを支援する新製品を発表

2009年1月14日(水)

日本オラクルは1月13日、企業のガバナンス、リスク管理、コンプライアンス(Governance, Risk and Compliance,:以下GRC)を支援する製品群「Oracle GRC Applications Suite」の一製品として、業務アプリケーションの職務分掌管理製品「Oracle GRC Controls」の「Oracle Application Access Controls Governor 」(以下Oracle AACG)」を同日より提供開始することを発表した。

「Oracle AACG」は、業務アプリケーションへのアクセス権限の管理、監視、履歴閲覧や分析を行う製品で、企業の業務プロセスにおける職務分掌権限設定を支援する。同製品はアクセス権限付与のシミュレーション機能をもっており、不備の事前防止やアプリケーション間での方針設定における矛盾の検知が可能。

Oracle AACGの可視化機能は、重複して付与すべきでない職務権限の区別を図で示すことができ、アクセス状況の分析やレポートの機能も備えるこれらの機能を最大限活用することで、監査における問題点の視覚的な把握と迅速な改善活動への対応に役立て、監査コストの削減を実現する。

Oracle AACGは、オラクルのERP製品に対応した職務分掌権限設定の事前定義された実行用ファイルを700種類以上用意し、効率的な導入が可能。また、同製品はオラクルのERP製品だけでなく他ベンダーのERP製品や独自開発のアプリケーションにも適用可能。

同製品の価格は8,825,000円~(税込、100ユーザー)。

日本オラクル
http://www.oracle.co.jp/

ニュースリリース
http://www.oracle.co.jp/news_owa/NEWS/news.news_detail?p_news_code=1961

 

関連記事

日本オラクル、企業のガバナンス、リスク管理、コンプライアンスを支援する新製品を発表日本オラクルは1月13日、企業のガバナンス、リスク管理、コンプライアンス(Governance, Risk and Compliance,:以下GRC)を支援する製品群「Oracle GRC Applications Suite」の一製品として、業務アプリケーションの職務分掌管理製品「Oracle GRC Controls」の「Oracle Application Access Controls Governor 」(以下Oracle AACG)」を同日より提供開始することを発表した。

PAGE TOP