[新製品・サービス]

新日鉄ソリューションズ、アフターサービス分野のソリューション推進で協業

2009年1月16日(金)

新日鉄ソリューションズは1月15日、同社とServigistics Inc. の日本法人であるサービジスティクス アジアが、製造業におけるアフターサービス分野の収益最大化を実現するソリューションの推進で協業し、1月20日より当該ソリューションの提供を開始すると発表した。

同社は、製造業におけるアフターサービス分野の収益最大化を実現するため、サービジスティクス社の戦略的サービスマネジメントソリューション「Servigistics Strategic Service Management(SSM)」を適用し、アフターサービスにおける「人」「情報」「モノ」の統合マネジメントを提供する。

具体的には、製造業のアフターサービスにおける最大の課題である「サービス率(補修部品の即納率)向上」と「補修部品在庫の削減」という二律背反を解消するために、SSMのモジュールである「Servigistics Parts Management」を用いて、主に電気ハイテク、自動車、建設機械、工作機械、重工業、鉄鋼業等の企業に対して、サービスパーツの需要予測・在庫最適化・在庫最適配置等により、戦略的な補修部品マネジメントを実現する。

また同社は、サービジスティクス社のSSMの一モジュールである価格最適化ツール「Servigistics Pricing Management」を用いて、主に自動車メーカーや建設機械産業に向けて、戦略的価格導出(プライシング戦略)の支援も行う。

SSMは上記のほか、修理に関するナレッジ管理やサービスエンジニアの修理作業スケジューリングなど、5つの機能群を有しており、これらを統合的に活用することによってグローバルなアフターサービス戦略を展開する。

同社は、同ソリューションを含むシステムインテグレーション事業において、今後3年間で30億円の売上を目指す。

同ソリューションのサービスメニューは以下のとおり。

  • Value Assessment
    過去のサービスパーツに関する販売実績、出荷実績、購買実績等の実データを用いてServigisticsを活用していれば得られたであろう効果を1ヶ月程度で算出。Servigistics導入をご決定いただく上でのROIの根拠として利用可能(希望する顧客のみ)。
  • サービスパーツ管理を中心としたコンサルティング
  • Servigisticsおよび周辺システムの導入・開発・保守サービス(80,000,000円~)

新日鉄ソリューションズ
http://www.ns-sol.co.jp/

サービジスティクス アジア
http://www.servigistics.co.jp/

ニュースリリース
http://www.ns-sol.co.jp/press/2009/20090115_110000.html
 

関連記事

新日鉄ソリューションズ、アフターサービス分野のソリューション推進で協業新日鉄ソリューションズは1月15日、同社とServigistics Inc. の日本法人であるサービジスティクス アジアが、製造業におけるアフターサービス分野の収益最大化を実現するソリューションの推進で協業し、1月20日より当該ソリューションの提供を開始すると発表した。

PAGE TOP