[新製品・サービス]

日本HP、Webシングルサインオン製品の最新版「HP IceWall SSO 8.0」の出荷を開始

2009年1月29日(木)

日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2009年1月28日、Webシングルサインオン製品の最新版「HP IceWall SSO 8.0 R3」を発表し、2月上旬から出荷を開始することを発表した。価格は、100ユーザーで157万5000円(税込み)から。

「HP IceWall SSO」は、イントラネットからBtoB/BtoCサイト、さらにOpenIDによるサイト間連携まで幅広い環境で活用できるWebシングルサインオン製品。新バージョンの「HP IceWall SSO 8.0 R3」では、以下の機能が強化されている。

  • 教育機関や非営利団体での使用に向け、GPLライセンスのもとで使用するオープンソースのMySQLに対応
  • カスタムプログラムによる、より柔軟な機能追加が可能に
  • 一部パフォーマンスの改善

そのほか、より費用対効果の高い統合認証基盤を実現するために、低コストの認証方式が使用可能となるオプション「MACアドレス認証オプション」の追加、およびIceWallファミリ製品「HP IceWall MCRP」との連携強化による「Webアプリケーションの脆弱性対策機能」が追加されている。

  • 「MACアドレス認証オプション」は、従来の標準認証方式であるID・パスワードによる認証に加え、クライアント端末のMACアドレス情報もあわせて認証する機能(オプション製品)。ID・パスワードの盗難や使い回しによる不正利用を、電子証明書等に比べ低コストで防止することが可能で、手軽に導入できる(MACアドレス以外にも、ハードディスク情報など6種類のうちから端末固有の情報を選択可能)。価格は420万円で、2009年3月より出荷開始の予定。
  • 「Webアプリケーションの脆弱性対策機能」は、IceWallファミリ製品の「HP IceWall MCRP」によって、Webアプリケーションを改修せずにクロスサイトスクリプティング攻撃やSQLインジェクション攻撃、バッファオーバーフロー攻撃を防御する機能。クライアントからのリクエスト内容が安全であるかを、Webアプリケーションサーバーの前段で確認する。HP IceWall SSO 8.0 R3では、HP IceWall MCRPとの連携によって機能が強化されている。


「HP IceWall SSO 8.0 R3」製品情報
http://www.hp.com/jp/icewall80r3/

「HP IceWall SSO」製品情報
http://www.hp.com/jp/icewall/

日本HP
http://www.hp.com/jp/
 

関連記事

日本HP、Webシングルサインオン製品の最新版「HP IceWall SSO 8.0」の出荷を開始日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2009年1月28日、Webシングルサインオン製品の最新版「HP IceWall SSO 8.0 R3」を発表し、2月上旬から出荷を開始することを発表した。価格は、100ユーザーで157万5000円(税込み)から。

PAGE TOP