[新製品・サービス]

Linuxのサポート分野で提携強化

2009年2月2日(月)

Linuxサポート SupportDesk Linux-拡張サポート、同長期サポート/富士通、レッドハット 富士通と米レッドハットは2008年11月18日、ミッションクリティカル領域でのLinuxサポートサービス分野における提携を強化すると発表した。基幹業務システム向けの新たなLinuxサポートサービスを共同開発しており、富士通の運用・保守支援サービス「SupportDesk(サポートデスク)」のラインナップに追加して提供する。サポート対象は、富士通製の基幹IAサーバー「PRIMEQUEST」かPCサーバー「PRIMERGY」で稼働するLinuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux 5(RHEL 5)」。

新サービスは「SupportDesk Linux-拡張サポート」と「SupportDesk Linux-長期サポート」の2つ。いずれもLinuxを導入したシステムの長期・安定運用を図るサービスである。

SupportDesk Linux-拡張サポートでは、最新アップデート・リリースのRHEL 5.2と今後リリース予定の同5.4、同5.6に対する障害修正ファイルの提供期間を、1年半〜2年に拡大する。アップデート・リリース間で半年の重複期間を設けることで、ディストリビューションの計画的な移行と安定運用を支援する。

SupportDesk Linux-長期サポートでは、金融業界や通信業界などの社会システムを対象に、次期アップデート・リリースのRHEL 5.3と最終リリース予定である同5.7に対する障害修正ファイルの提供期間を、それぞれ約5年に拡大する。アップデート・リリース間で約2年の重複期間を設けることで、システムの長期的運用を可能にする。

新サポートサービスは、富士通を通して日本国内で販売をスタートし、順次グローバルに展開していく。価格は、拡張サポートが年額36万円から、長期サポートは個別見積り。

関連記事

Linuxのサポート分野で提携強化Linuxサポート SupportDesk Linux-拡張サポート、同長期サポート/富士通、レッドハット 富士通と米レッドハットは2008年11月18日、ミッションクリティカル領域でのLinuxサポートサービス分野における提携を強化すると発表した。基幹業務システム向けの新たなLinuxサポートサービスを共同開発しており、富士通の運用・保守支援サービス「SupportDesk(サポートデスク)」のラインナップに追加して提供する。サポート対象は、富士通製の基幹IAサーバー「PRIMEQUEST」かPCサーバー「PRIMERGY」で稼働するLinuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux 5(RHEL 5)」。

PAGE TOP