[ユーザー会通信]

第4回 JSUG(Japan SAP Users’Group)【SAPジャパン】

2009年1月30日(金)

活動基盤は22の部会・分科会 国際的発言組織「SUGEN」設立で各国ユーザーの要望を確実にSAP AGの経営陣に伝える 今回紹介するのは、SAPジャパンのユーザー会、JSUG。発足は1996年。2008年10月末現在の会員数は法人会員、賛助会員を含め445社。活動目的は、SAP製品やサービスに関する最新情報の共有と研修活動(エデュケーション)、会員相互の親睦と交流(ネットワーク)、SAP社の戦略や製品への影響(インフルエンス)の3つ。活動の基盤となっているのは、部会、分科会活動で、その数は22に達する。産業別、機能別、地域別、研究テーマ別に活発なコミュニティ活動を展開。情報交換だけでなく、製品やサービスの機能追加や改善の要望など、ユーザーの声をSAP社に届ける役割も果たす。

第1の特徴は、多彩な会合だ。例えば経営層向けにはLeaders Exchange、情報システムの管理や運営、開発に携わっている実務者にはJSUGテクニカルフォーラムを開催。同じ役割、立場の当事者同士が情報交換することで、導入、運用、活用に関する悩みや課題を共有できる仕組みとなっている。

第2の特徴は、海外のユーザー会との連携。世界12カ国のSAPユーザー会から成る「SUGEN」(SAP User Group Executive Network)は、各国ユーザー会からの要望を統合してSAP AGの経営陣に伝えるなど、強力な国際的発言力をもっている。JSUGの役員も参加。2008年度はすでに2回、会合が開催された。SUGENには3つの作業部会(ERP/アップグレード、エンタープライズSOAの適用、長期のポートフォリオ管理)があり、各部会へはJSUGのメンバーも参加し、課題解決に取り組んでいる。

JSUG活動の集大成といえる「JSUG Conference」は年1回開催される。2008年は11月13日に「SAP BUSINESS SYMPOSIUM PREMIUM ‘08」と併催する形で開催された。860名あまりのユーザーが参加し、基調講演(パネルディスカッション)、JSUGセッションなどが行われた。

パネルディスカッションには、代表取締役社長兼CEOのギャレット・イルグ氏と、JSUG会長の安永豊氏、副会長の安部親礼氏、白石寿太郎氏が出席。「日本企業を強くするために共にできることとは」と題して、ユーザー会の役割や、海外との連携、CS(カスタマーサポート)についてなど、活発な議論を繰り広げた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ユーザー会通信一覧へ
関連記事

第4回 JSUG(Japan SAP Users’Group)【SAPジャパン】活動基盤は22の部会・分科会 国際的発言組織「SUGEN」設立で各国ユーザーの要望を確実にSAP AGの経営陣に伝える 今回紹介するのは、SAPジャパンのユーザー会、JSUG。発足は1996年。2008年10月末現在の会員数は法人会員、賛助会員を含め445社。活動目的は、SAP製品やサービスに関する最新情報の共有と研修活動(エデュケーション)、会員相互の親睦と交流(ネットワーク)、SAP社の戦略や製品への影響(インフルエンス)の3つ。活動の基盤となっているのは、部会、分科会活動で、その数は22に達する。産業別、機能別、地域別、研究テーマ別に活発なコミュニティ活動を展開。情報交換だけでなく、製品やサービスの機能追加や改善の要望など、ユーザーの声をSAP社に届ける役割も果たす。

PAGE TOP