[新製品・サービス]

企業でのネットワーク安定運用のニーズは高まる

2009年2月6日(金)

ネットワークパフォーマンス管理 米フルーク・ネットワークス/社長 ポール・キャラガー氏 「ネットワーク上に導入したアプリケーションのパフォーマンスを維持したい」「ネットワーク上のトラブルを効率的に解決したい」。こうした課題解決のための製品を提供するのが、フルーク・ネットワークスだ。

ポール・キャラガー氏 フルーク・ネットワークスの社長、
ポール・キャラガー氏

当社は、まだ知名度は低いものの日本でも15年以上の経験がある。複数のソリューションを適材適所に提供し、ネットワークの挙動を様々な角度で可視化する“ネットワーク・スーパーヴィジョン”というコンセプトのもと、幅広い製品群を展開している。ネットワークパフォーマンス管理製品は、企業のIT部門向け製品カテゴリーとなる。

企業では重要なアプリケーションをネットワーク上で稼働させることが多くなり、ネットワークの安定運用が欠かせなくなっている。当社の統合パフォーマンス管理ツール「Visual Performance Manager」では、トラフィック情報をはじめ複数のデータソースから情報を収集。企業のIT部門やネットワーク管理者は、どのアプリケーションの応答が遅延しているかといった統計情報から、どこで問題が発生しているかといった詳細情報まで、様々な粒度の情報をもとにネットワークやアプリケーションの問題を解析できる。

当社は現在、売り上げの約半分を米国外で上げており、今後も世界展開を強化する。日本では2009年以降、顧客へのトレーニングやセミナーを積極的に開催。ブランドの認知度向上を図る。(談)

関連記事

企業でのネットワーク安定運用のニーズは高まるネットワークパフォーマンス管理 米フルーク・ネットワークス/社長 ポール・キャラガー氏 「ネットワーク上に導入したアプリケーションのパフォーマンスを維持したい」「ネットワーク上のトラブルを効率的に解決したい」。こうした課題解決のための製品を提供するのが、フルーク・ネットワークスだ。

PAGE TOP