[技術解説]

Part3 製品の系譜

2009年2月6日(金)

BIの変遷で知る正しい付き合い方 2007年には大手BIベンダーの買収劇が立て続けに起こり、BI単体として市場をとらえるのは難しくなりつつある。当然だが、それはBIのユーザー、潜在ユーザーにも影響を及ぼす。そこで幾多の企業にBI導入を支援してきた筆者が、この分野の変遷をまとめた。BI製品と技術の流れを知れば、BIとの正しい付き合い方も見えてくる。

BIは大きく3つの時代を経て進化してきた。具体的には「オープンシステム時代」「Web時代」、そして現在の「ERP統合時代」である。つまり、コンピューティングスタイルの変化と共に、機能や存在価値を変化させてきたのだ(図3-1)。

図3-1
図3-1 システムアーキテクチャや用途で見るBIの変遷

最初のオープンシステム時代は、1990年から97年ごろを指す。いわばBIの“黎明期”に当たり、クライアント/サーバー型での活用が基本だった。UNIXサーバーの普及によって情報系という分野が生まれ、それまでEIS(Enterprise Information System=経営者向け情報システム)とかDSS(Decision Support System=意思決定支援システム)などと言われていた分野がBIに発展。クライアント側のアプリケーションを開発するツールも多く登場し、いわゆる「ファットクラアント」でのコンピューティングスタイルが基本だった。

このクライアント/サーバー型アプリケーションの1つとして、汎用機やオフコンからデータを取り出し、それらデータをサーバーに移行した上でクライアントPCから分析するOLAP(オンライン分析処理)が始まった。キューブ型の多次元データベースを使って所定の集計処理をサマリーしておき、スライス&ダイスやドリルダウンといった手法で様々な分析結果を得るBIツールが、営業やマーケティングの分野で使われるようになった。

当時のOLAP分野における代表的なツールとして、フロント系では加コグノスのPowerPlay、多次元データベースでは米アーバーソフトウェアのEssbaseや米IRIのExpressなどが挙げられるが、ユーザーはパワーユーザーに限られ、それほど多くの人が使うものではなかった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

Part3 製品の系譜BIの変遷で知る正しい付き合い方 2007年には大手BIベンダーの買収劇が立て続けに起こり、BI単体として市場をとらえるのは難しくなりつつある。当然だが、それはBIのユーザー、潜在ユーザーにも影響を及ぼす。そこで幾多の企業にBI導入を支援してきた筆者が、この分野の変遷をまとめた。BI製品と技術の流れを知れば、BIとの正しい付き合い方も見えてくる。

PAGE TOP