データセンター データセンター記事一覧へ

[新製品・サービス]

ノベル、データセンター向け運用/仮想化管理製品群「PlateSpin Workload Management」の国内提供を開始

2009年2月7日(土)

ノベルは2009年2月6日、「PlateSpin Workload Management」製品群(以下「PlateSpin」)を発表した。「PlateSpin」は、米ノベルが2008年、カナダPlateSpin社から買収したデータセンター運用/仮想化管理製品群で、物理環境から仮想化環境へ移行とその最適化を支援するもの。

同製品は物理ホストや仮想ホストにあるデータやアプリケーション、OSを一体化し、物理環境と仮想環境の間のワークロードの移動を、プラットフォームに関わりなく、ネットワークを介して可能にする。また、異機種混合データセンター環境において、仮想化の移行フェーズ(現状把握、プランニング、移行)、運用フェーズ(運用管理、自動化)をサポートし、サーバ統合やデータセンターの移動、障害復旧などの業務の時間短縮と質の向上を包括的に支援する。

同製品は32/64ビットのWindowsおよびLinuxサーバをサポートし、さらにCitrix XenServer、Microsoft Hyper-V/Virtual Server、VMware ESX/ESXi、SUSE Linux Enterprise Serverに組み込まれたXenなど、主要な仮想化ハイパーバイザをすべてカバーする。

同社の新ブランドである「PlateSpin Workload Management」製品群には、旧PlateSpinからさらに拡張された新機能が搭載された。各製品の概要は以下のとおり。

  • PlateSpin Recon【プレートスピン・リーコン、旧PlateSpin PowerRecon】(ワークロードのプロファイリング、分析、およびプランニング)
    現在のサーバ・ワークロードを解析することにより、適切な仮想環境構成をレポート。データセンター管理者に対し、物理/仮想環境にわたってワークロードを効率的に管理・最適化するために必要なインテリジェンスを提供する。旧PlateSpin PowerReconと比べ、アセスメントの正確性、リソース利用データを他の監視ツールからインポートできる機能が向上したほか、ハイパーバイザとOSサポートが拡張された。
  • PlateSpin Migrate【プレートスピン・マイグレート、旧PlateSpin PowerConvert】(マルチプラットフォームワークロードのポータビリティとマイグレーション)
    独自のワークロード移行技術を活用し、物理マシンから仮想マシンへの移行を容易にする。サーバのワークロードをその下のハードウェアから分離して、物理サーバ、仮想ホスト、イメージ・アーカイブの間でどこからどこへでも、ネットワーク経由の移行を実現。これによりP2V/V2V/ V2P/P2Pなど、さまざまな環境を適切に移行できる。PlateSpinMigrateとして新たに、ハイパーバイザとプラットフォームのより広範なサポート、セキュリティや自動化の改善、大幅な拡張性などが追加された。
  • PlateSpin Protect【プレートスピン・プロテクト、旧PlateSpin PowerConvert】(ワークロードの保護と回復)
    単一の管理ポイントで、物理および仮想サーバのワークロード全体を保護し、迅速に回復する。柔軟性の高いイメージ・バックアップと、ハードウェアに依存しないリストアを行うためのすべてのワークロードをレプリケーションすることで、全体的なワークロード保護を行う。これにより、プロダクション・サーバの障害や災害などが生じた場合、ワークロードが迅速に立ち上がり、プロダクト環境が回復するまで、通常通り稼動できる。PlateSpin Migrateと同様、PlateSpin Protectとして新たに、ハイパーバイザとプラットフォームのより広範なサポート、セキュリティや自動化の改善、大幅な拡張性などが追加された。
  • PlateSpin Orchestrate【プレートスピン・オーケストレート、旧Novell ZENworks Orchestrator】(リソース管理)
    構成サーバやストレージ・リソース管理サーバとやり取りして、物理コンピュータとのインタラクティブな管理を行う。さらに仮想リソースも管理し、各仮想マシンのライフサイクルすべてを制御できる。
  • PlateSpine Forge【プレートスピン・フォージ】(ディザスタ・リカバリ向けアプライアンス)
    サーバ・ワークロードを保護するためのハードウェア・アプライアンス。プロダクション・サーバの障害や災害が起こった際、保護されたワークロードを迅速に回復し、それらがプロダクション環境にリストアされるまでPlateSpin Forge上で稼動させ続けることができる。

同製品群の価格は以下のとおり(いずれも市場参考価格)。

  • PlateSpin Recon:測定回数単位ライセンス、10サーバ30日間測定+年間サポート(初年度必須)
    約12万円
  • PleaseSpin Migrate:移行回数単位ライセンス、10回移行+年間サポート(同上)
    約39万円
  • PlateSpin Protect:サーバ台数単位ライセンス、5サーバ(無制限回移行)+年間サポート(同上)
    約90万円

同製品群同社のパートナー企業を通じて提供され、同社は初年度の販売目標を200本としている。

ノベル
http://www.novell.com/ja-jp/
 

関連記事

ノベル、データセンター向け運用/仮想化管理製品群「PlateSpin Workload Management」の国内提供を開始ノベルは2009年2月6日、「PlateSpin Workload Management」製品群(以下「PlateSpin」)を発表した。「PlateSpin」は、米ノベルが2008年、カナダPlateSpin社から買収したデータセンター運用/仮想化管理製品群で、物理環境から仮想化環境へ移行とその最適化を支援するもの。

PAGE TOP