[株価から見るIT企業の強みと弱み]

通信キャリア以外を開拓できるか 11年3月期以降が正念場  [ネットワンシステムズ(証券コード 7518)]

2009年2月13日(金)

9月のリーマンショック以降、IT企業さらには上場企業全般の株価は総じて軟調だが、例外も少数ながら存在する。その1社が今回紹介するネットワンシステムズ(以下、ネットワン)だ。同社は昨年度まで何度も会社業績予想を下方修正を発表する“下方修正の常連”だった。今期に入ってから、第1四半期、第2四半期と2度連続上方修正を発表するなど、着実に収益構造を改善させており、2008年に入って株価は堅調に推移している。

主力は通信キャリア向け

最初にネットワンのビジネスモデルを見てみよう。同社はネットワーク機器販売、特に米シスコシステムズ社の機器販売およびサポートを主な業務としている。ただしシスコ社は、伊藤忠テクノソリューションズや富士通、日商エレクトロニクスなどネットワン以外とも販売代理店契約を交わしており、シスコ社製品を複数の代理店から購入できる。その中でネットワンの優位点は20年前の創業以来、一貫してシスコ社製品を取り扱っているところからくるノウハウと顧客接点、販売チャネルにある。

図1に同社の業績推移を示した。04年3月期〜05年3月期の営業利益約100億円をピークに、業績が落ち込んでいる点に注目してほしい。この背景には、ネットワンの通信キャリア向け売上高の高さとブロードバンド世帯普及率がある(図2)。2000年以降、日本でブロードバンドが本格的に普及し始めた。2001年の世帯普及率34%から、2002年には同60.5%、2003年には同81.4%という具合である。

図1 ネットワンセグメント別売上高内訳(左軸)および営業利益(右軸、単位:百万円)。2009年3月期以降は予想
図2 ブロードバンド世帯普及率(左軸:%)と通信キャリア向け売上推移(右軸:百万円)

NGNの需要が今期、来期を支える

しかし2005年以降、世帯普及率は頭打ちになる。ポジティブな流れは一変し、通信キャリアの投資も一気に冷え込む。06年3月期〜08年3月期は3期連続減益で、通信キャリア頼みのビジネスモデルが裏目に出た格好となった。回復の変化の兆しが表れてきたのが今期(09年3月期)である。きっかけはNTTグループによるNGN投資だ。

NTTグループは、これまでのBフレッツをNGN対応(回線の品質の向上など)させたフレッツ光ネクストに移行させる投資を、今期から実施(総額は1500億円程度と推定)。その中にはシスコ社のルータ・スイッチの更新も含まれており、ネットワンもその恩恵に受ける立場にある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
株価から見るIT企業の強みと弱み一覧へ
関連記事

通信キャリア以外を開拓できるか 11年3月期以降が正念場  [ネットワンシステムズ(証券コード 7518)]9月のリーマンショック以降、IT企業さらには上場企業全般の株価は総じて軟調だが、例外も少数ながら存在する。その1社が今回紹介するネットワンシステムズ(以下、ネットワン)だ。同社は昨年度まで何度も会社業績予想を下方修正を発表する“下方修正の常連”だった。今期に入ってから、第1四半期、第2四半期と2度連続上方修正を発表するなど、着実に収益構造を改善させており、2008年に入って株価は堅調に推移している。

PAGE TOP