[新製品・サービス]

日本IBM、大規模な仮想化環境構築に適したx86サーバーとOSのバンドル製品を発表

2009年2月12日(木)

日本アイ・ビー・エム (日本IBM) は2009年2月10日、ラック型x86サーバー「IBMR System xR3850 M2」と「Windows Server 2008 Datacenter Edition」をバンドルした「IBM System x3850 M2 Datacenterモデル」の販売を同日より開始すると発表した。

本製品は、最大で96個のCPUコアを搭載可能なハイエンドのラック型x86サーバーに、仮想インスタンスを無制限に実行できるWindowsサーバーOSの最新バージョンを付加したバンドル製品で、企業内に点在するサーバーの統合に適している。

「IBM System x3850 M2」は、IBM独自のチップセット技術「第4世代エンタープライズXアーキテクチャー(eX4)」を実装したハイエンドモデルのx86サーバー。最大構成である4ユニットを連結すると、6コアCPUを16個(96コア)、メモリを1TB搭載することができる。

「Windows Server 2008 Datacenter Edition」は、Hyper-VやVMwareなどの仮想化ソフトウェア上でWindowsサーバーOSを無制限に実行するライセンスが付加しているため、仮想化ソフトウェアを活用したWindows serverの仮想化環境においても、OSの追加コストが発生せずに拡張できる。

またラインナップには、低消費電力を実現する低消費電力型のCPUを搭載したモデルも用意されている。

最小構成価格は269万8500円(税込)。
日本IBMならびにIBMのビジネス・パートナーから販売される。


日本IBM
http://www.ibm.com/jp/ja/

関連記事

日本IBM、大規模な仮想化環境構築に適したx86サーバーとOSのバンドル製品を発表日本アイ・ビー・エム (日本IBM) は2009年2月10日、ラック型x86サーバー「IBMR System xR3850 M2」と「Windows Server 2008 Datacenter Edition」をバンドルした「IBM System x3850 M2 Datacenterモデル」の販売を同日より開始すると発表した。

PAGE TOP