[新製品・サービス]

NTTデータ、NTTデータ先端技術、日本オラクルの3社、DWHソリューションの共同展開を発表

2009年2月15日(日)

NTTデータ、NTTデータ先端技術、日本オラクルの3社は2009年2月12日、日本オラクルが2009年1月20日に国内提供を発表した「HP Oracle Exadata Storage Server」をベースに、データウェアハウス(DWH)市場でのソリューションを3社共同で展開すると発表した。今後3社は、本格的なソリューション展開に先立ち、同製品の機能・性能検証およびサービスメニューの創出を進めることになる。

今回の共同展開は、日本オラクルが「Oracle Exadata」のストレージ・サーバ「HP Oracle Exadata Storage Server」を提供し、NTTデータとNTTデータ先端技術が性能・機能検証を行うというもの。「Oracle Exadata」は、データベース・サーバとストレージの間のデータ転送を削減する機能を備え、データ量が増加してもネットワーク転送が性能上のボトルネックとならないアーキテクチャを備える高速データウェアハウス・システムである。

NTTデータでは、DWH構築やBI (Business Intelligence) ツールの導入を検討している企業に、機能・性能検証や実データを用いたデモを行い、最適なBIシステムの導入を支援する「データウェアハウス/ビジネスインテリジェンス・ラボ」サービスを提供している。今回の検証も「データウェアハウス/ビジネスインテリジェンス・ラボ」において、中立的な立場で実施する。その後、同ラボでは、順次DWHアプライアンスの検証を拡大していく予定だ。

3社は、本格的なソリューション展開に先立ち、「データウェアハウス/ビジネスインテリジェンス・ラボ」での機能・性能検証が完了後、「HP Oracle Exadata Storage Server」を用いたサービスを提供していく。サービスメニューは以下のとおり。

 ・ DWHシステム構成の検討支援
顧客の要求レベルに合わせたDWHシステム構成の検討を支援する。

 ・ BIシステムのデモ構築
企業の実データを用いて同製品によるデモを構築。さまざまなBIツール (OLAP、データマイニングなど)と組み合わせた上で、同製品の性能を確認でき、分析目的に適したデータモデルを定義する。

 ・ 分析コンサルティング
大規模データを活用することで実現可能な分析を中心とすることで、KPI管理や業務の「見える化」による経営課題の洗い出しや原因分析などを行うコンサルティングを実施する。

また、これらのサービスと平行して、NTTデータグループでは、今後「HP Oracle Exadata Storage Server」をベースとしたSIを年間5件程度を目処に実施していく予定。そして今回のDWHソリューションを軸としたDWH構築で、同市場でのシステム開発で100億円の売り上げを目指す。また、NTTデータ先端技術では、本検証において蓄積したノウハウをNTTデータグループのSIに活用し、顧客のITシステム基盤の構築のリーズナブルでスピーディな提供を目指す。

なお、日本オラクルは、「Oracle Exadata」を紹介するラウンチイベント「Oracle Exadata Summit」を次の日程で開催する。

日時:2009年2月26日(木) 14:00 - 16:45
場所:ベルサール六本木
定員:500名
http://www.oracle.co.jp/events/tk090226/

関連記事

NTTデータ、NTTデータ先端技術、日本オラクルの3社、DWHソリューションの共同展開を発表NTTデータ、NTTデータ先端技術、日本オラクルの3社は2009年2月12日、日本オラクルが2009年1月20日に国内提供を発表した「HP Oracle Exadata Storage Server」をベースに、データウェアハウス(DWH)市場でのソリューションを3社共同で展開すると発表した。今後3社は、本格的なソリューション展開に先立ち、同製品の機能・性能検証およびサービスメニューの創出を進めることになる。

PAGE TOP