[技術解説]

Part5 選択肢が広がるBI製品

2009年2月17日(火)

統計解析からエクセル代替までルーツは多様 機能拡張を繰り返してBI市場に投入 パート4で見たメガベンダー以外にも、数々のBI関連製品が市場に投入されている。 統計解析をルーツに適用分野を広げてきた製品や、DWHの高速処理技術をベースにするものなど、バリエーションは様々だ。 位置づけを整理しながら、それぞれの特徴を見ていこう。

先に見た日本IBM、日本オラクル、SAPジャパンのスイート製品以外で、国内市場で手に入る主要なBI関連製品をまとめたのが表5-1だ。その中から特徴的な製品をピックアップして見ていこう。

表5-1 BIの一般的な構成要素。最近はBI基盤全体をカバーする動きが活発化している
製品名(提供元) 概要
ARIS Performance Dashboard ほか
(IDSシェアー・ジャパン)
ビジネスプロセスの全体最適を図る製品群「ARIS Platform」上のソリューションとして提供。定めたKPIの実情を測定するとともに意思決定をサポートする。「ARIS Performance Manager」「同Performance Dashboard」「同Process Event Monitor」などで構成
WebFOCUS 7.6
(アシスト)
メインフレームやクライアント/サーバー環境における4GL(第四世代言語)から発展したBIツール。ERPや各種DBとのアダプタを介して分析処理を実行する「レポーティングサーバ」を中核に、ダッシュボードや非定型分析処理、Excelから使うアドインなどを用意
Dr.Sum EA Ver3.0
(ウイングアーク テクノロジーズ)
部署単位などでExcelでは扱い切れないデータ量の集計処理を担った製品が出自だが、機能拡張を続けて全社規模でのBI用途を視野に入れる。ETL処理を事項する「Connect」、ダッシュボードの「Visualizer」、集計分析の「Datalizer」などをラインナップ
ADVIZOR
(エー・エス・ジェイ)
分析対象データをメモリー上に読み込んで高速に処理する独自のオンメモリー型アークテクチャを採用。マウス操作で直感的に操作しながら分析作業を進められる。スタンドアロン型の「Analyst/X」、サーバーを使ってWebから操作する「Server AE」などがある
SPSS/Clementine など
(エス・ピー・エス・エス)
高度な統計解析ツール「SPSS」やデータマイニングルール「Clementine」を基盤とし、そのノウハウを活かして業績管理分野にも進出。キャンペーン分析やコールセンター業務管理といったマーケティング分野向けなど、特化型のアプリケーションを展開する
Sybase IQ
(サイベース)
独自のカラム単位のインデックス作成方式などで高速検索処理を可能としたDWH特化型DB。データ統合ツール群のData Integration スイートを用意。分析には関連会社アイエニウェア・ソリューションズの「AnswersAnywhere」などが使える
SAS Enterprise Intelligence Platform など
(SAS Institute Japan)
高度な統計解析ツール「SAS」を基盤とし、そのノウハウを活かして業績管理分野にも進出。データ統合、DHW構築、分析や将来予測、ダッシュボードなどスイート化を図る。財務分析、顧客行動分析、リスク管理、サプライチェーンマネジメントなど特化型アプリケーションも展開
myNavigtor
(ジール)
バランススコアカードによる経営戦略策定を起点に、予算編成などの財務業務や人材開発・評価などの人事業務も含めた総合的なビジネスプロセスを管理するツール群。ダッシュボード機能や、DWHを使った各種分析機能などを実装できる
Infor Performance Management 10
(日本インフォア・グローバル・ソリューションズ)
企業戦略からビジネス計画、予算策定までを統合支援する「BPA」(Business Process Application)と、特定の業務要件に対応したデータ分析を支援する「BSA」(Business Specific Analytics)で構成する
MicroStrategy 8
(マイクロストラテジー)
単一メタデータ管理の基盤上で、ダッシュボードやOLAP分析、レポーティングなどの機能を提供。Webブラウザーの使用を前提に、閲覧者向け、分析者向け、パワーユーザー向けなどきめ細かいツールを用意する。独自のキャッシュ技術による高速DB処理が特徴
Microsoft Office PerformancePoint Server 2007
(マイクロソフト)
予算編成や予測などの「プランニング」、活動の成果をリアルタイムに把握する「モニタリング」、原因分析する「分析/レポーティング」を主な機能とし、エクセルやWebブラウザを通じたワークフロー/情報共有で効率的なPDCAサイクルを支援する
myB3smart
(マクニカ)
ビジネスデータの可視化、ダッシュボード構築機能に特化したサーバーソフトウェア。RDB、Exce、CSV、XMLのデータを取り込むためのアダプタを備え、立体的なグラフやメーター形式、信号機など好みのパーツを組み合わせた画面を構築できる

BSCベースに業務を見える化

企業システムの分野において地歩を強化したいマイクロソフトが2007年11月に市場投入したのが「Microsoft Office PerformancePoint Server 2007」である。

予算編成や予測などの業務を担う「プランニング」、活動の成果をリアルタイムに把握する「モニタリング」、原因分析する「分析/レポーティング」を主な機能とし、ExcelやWebブラウザを通じたワークフロー/情報共有で効率的なPDCAサイクルを支援することを狙った製品だ(図5-1)。財務的な指標だけでなく顧客や業務プロセスの視点も交えて戦略策定と業績評価を支援する手法「バランススコアカード(BSC)」をベースに、業務全体の「見える化」を図ることがフレームワークになっている。「実際にマイクロソフトが自社内で使いながら機能をブラッシュアップしてきた製品だ」と、インフォメーションワーカービジネス本部の米野宏明 IWソリューションマーケティンググループ エグゼクティブプロダクトマネージャは説明する。必ずしもBSCに準拠する必要はないが、まずは管理指標を明確にしなければならない。

図5-1
図5-1 マイクロソフトは経営のPDCAサイクルの効率化・迅速化を訴求

Webブラウザをベースとした分析画面では、対話形式のウィザード機能によって望むデータを抽出できるほか、その時の検索条件などを保存して他のメンバーと共有したり、ダッシュボードに表示するパーツに流用できる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

Part5 選択肢が広がるBI製品統計解析からエクセル代替までルーツは多様 機能拡張を繰り返してBI市場に投入 パート4で見たメガベンダー以外にも、数々のBI関連製品が市場に投入されている。 統計解析をルーツに適用分野を広げてきた製品や、DWHの高速処理技術をベースにするものなど、バリエーションは様々だ。 位置づけを整理しながら、それぞれの特徴を見ていこう。

PAGE TOP