[新製品・サービス]

日本テラデータ、データマイニング・ソフト「Teradata Warehouse Miner 5.2」の出荷を発表

2009年2月17日(火)

日本テラデータは2009年2月16日、Teradataデータベースの内部で稼働し、データマイニング処理を行なうソフトウェアの最新バージョン「Teradata Warehouse Miner 5.2」日本語版を同日より出荷すると発表した。本製品の主な販売対象は、大規模なデータをTeradataデータベースで管理している金融、小売、製造、通信業界などの企業になる。

「Teradata Warehouse Miner 5.2」は、取引データやログデータなどの詳細データから必要な知識を導き出し、活用へと結び付けることができるデータマイニング・ソフト。最新版で追加された機能により、データマイニングで得られた結果を日常業務に直接連携させ、活用することも可能になった。

本製品の特徴は、Teradataデータベース内部ですべてのデータマイニング処理を実行できること (In-Database処理)。データ品質の調査から、データ準備、モデル作成、そしてスコア計算処理のすべてのプロセスを内部で実行する。これにより、Teradataシステムのパフォーマンスを最大限に活用して、Teradataデータベースに蓄積した大規模データの迅速な処理が可能。

さらに最新版では、作成モデルを利用したスコア計算処理や、モデルに適用するデータの準備処理のスケジュール実行を可能にする、内部モジュール「Teradata Model Manager」が追加された。これにより、スコア計算を自動化しつつ、データウェアハウスへ継続的に反映される最新データを利用し、常に最新スコアを業務に活用することが可能になった。

この機能追加により、従来からデータマイニングが適用されてきたキャンペーン反応予測や、離反 / 解約確率の予測に加え、より業務に近い形での利用が可能。例えばコールセンターやWebサイトにコンタクトしてきた顧客の商品購入履歴と問合せ内容を利用して、最も反応確率の高い提案商品をその場で案内できるようになる。

「Teradata Warehouse Miner 5.2」の価格は420万円(税別)から。


Teradata Corporation
http://www.teradata.com

関連記事

日本テラデータ、データマイニング・ソフト「Teradata Warehouse Miner 5.2」の出荷を発表日本テラデータは2009年2月16日、Teradataデータベースの内部で稼働し、データマイニング処理を行なうソフトウェアの最新バージョン「Teradata Warehouse Miner 5.2」日本語版を同日より出荷すると発表した。本製品の主な販売対象は、大規模なデータをTeradataデータベースで管理している金融、小売、製造、通信業界などの企業になる。

PAGE TOP