データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[製品サーベイ]

正確なデータ入力一体型サービスも登場—携帯電話や他サービスとの連携も進む

2009年2月18日(水)

名刺データ管理サービス/ソフト 様々なビジネスシーンで毎日のように交換する名刺。それは新たなビジネスに発展する可能性を秘めた貴重な財産だ。だからこそ、組織的にきちんと活用できる体制を整えることが大切となる。幸い、名刺データ管理のサービスやソフトが充実してきている。一期一会の縁をビジネスに生かすために、最新製品の動向を是非おさえておこう。

人脈形成や新たな商談の起点となる名刺交換。だからこそ、部署単位などで名刺データを効率的に管理・共有したいというニーズは根強くある。だが、名刺に書かれた名前やメールアドレスの文字をいちいち手入力でデータ化するのは面倒であり、組織的にはなかなか長続きしない。せいぜい個人が名刺の束を「紙のまま」五十音順などで保管し、必要な時に互いに声を掛け合って参照させてもらうというのが現実解だったのではないだろうか。

こうした中、組織での活用に焦点を当てた名刺データ管理のサービスやソフトが充実してきている。OCR(光学的文字認識)ソフトと目視によるデータ修正を組み合わせた精度の高いデータ入力サービス、他の業務システムとの連携、携帯電話からの名刺データ参照などが特に目新しい機能だ。

OCRと目視チェック
データ精度は公称99.9%以上

名刺情報の管理・共有において一番やっかいなのは、名刺に記されている文字を「データ化」することにある。スキャナで名刺イメージを読み取り、OCRソフトでデータ化するのが一般的だが、その認識率は決して高くはない。漢数字の「二」をカタカナの「ニ」と認識してしまうような例が少なくないからだ。一定の効率化は図れるが、その後のデータ修正作業はユーザーに負荷をかける。

ここに目を付け、データ修正作業も含めた名刺管理サービスが登場し始めた。代表的なのはイーシステムの「アルテマブルー」と三三の「Link Knowledge」である。2製品とも、名刺情報のデータ化から管理・共有までの機能を統合的に提供することを狙っている。まずはこの2製品の特徴を詳説し、最新の動きを追っていこう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

正確なデータ入力一体型サービスも登場—携帯電話や他サービスとの連携も進む名刺データ管理サービス/ソフト 様々なビジネスシーンで毎日のように交換する名刺。それは新たなビジネスに発展する可能性を秘めた貴重な財産だ。だからこそ、組織的にきちんと活用できる体制を整えることが大切となる。幸い、名刺データ管理のサービスやソフトが充実してきている。一期一会の縁をビジネスに生かすために、最新製品の動向を是非おさえておこう。

PAGE TOP