[ザ・プロジェクト]

第5回 5カ月で3システム同時開発 優先順位を周知徹底して乗り切る 【日本通運】

2009年2月20日(金)

日本通運は2008年1月、通運業務を支えるシステムの一部を刷新した。プロジェクトに与えられた時間は、わずか5カ月。2007年7月に開発を開始し、同年12月31日に移行を開始するという短期決戦だった。鉄道サービスを利用するという業務の特性上、スケジュールには1日の遅れも許されなかった。 (聞き手は本誌編集長・田口 潤)

佐々木 康氏

佐々木 康
日本通運 通運部 課長

1991年に入社。貨物ターミナルや営業部での業務を経て、2005年から本社通運部に勤務。今回のプロジェクトでは、システム利用実態調査や業務要件の取りまとめ、ユーザーとの情報共有、操作方法の教育などを担当した。


 

長田 尚丈氏

長田 尚丈
日本通運 IT推進部

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

第5回 5カ月で3システム同時開発 優先順位を周知徹底して乗り切る 【日本通運】日本通運は2008年1月、通運業務を支えるシステムの一部を刷新した。プロジェクトに与えられた時間は、わずか5カ月。2007年7月に開発を開始し、同年12月31日に移行を開始するという短期決戦だった。鉄道サービスを利用するという業務の特性上、スケジュールには1日の遅れも許されなかった。 (聞き手は本誌編集長・田口 潤)

PAGE TOP