[新製品・サービス]

クリアスウィフト、Webとメールのアプライアンス最新版を発表

2009年2月20日(金)

クリアスウィフトは2009年2月19日、安全なコミュニケーションとIT統合コラボレーションを高める「Clearswift Web Appliance 1.3」と「Clearswift Email Appliance2.7.6」を発表した。これらの最新版により、インターネット使用時のユーザー業務や時間に基づいた詳細なWebブラウジング管理をはじめ、会社のメールからフリーメールアドレスへの送信・受信コントロール機能を搭載し、企業のデジタルコミュニケーションの活性化、生産性の向上を提案する。

同社のポリシーエンジンは、Webやメール経由でやり取りされる情報内容に加え、ユーザーの担当業務や権限、時間に応じた高度なコントロール機能を提供している。各製品の新機能などは次のとおり。

「Web Appliance1.3」
従業員が職場でインターネットショッピングやWebメール、SNS、ゲームなどを利用する場合、業務に支障を来さない範囲で利用を許可するタイムベースポリシー機能が加わった。全従業員のブラウジング状況を監視しつつ、一方で業務に関連しないブラウジングを適度な時間制限や休み時間などの決まった時間に規定することができる。規定の時間枠を超えて利用する場合にも、業務利用の場合はオーバーライドできるなど、ユーザーの利便性を考慮した運用も可能になる。

「Email Appliance 2.7.6」
メール送受信コントロール新機能では、国内のさまざまなフリーメールアドレスリストを新たに搭載したことにより、従業員が会社のメールを使用したフリーメールアドレスとの送受信を制限できるようになった。社内の重要情報を、従業員がプライベート用のフリーメールアドレスへ送信することによる情報漏えいを防ぐことが可能。

さらに、新しい認識ドキュメントフォーマットとしてOffice2007やVisio、OpenOfficeなどを追加し、より多くのメディアタイプ検知が可能になっている。管理面においても、複数の受信・送信者グループ毎にポリシーを一括で適用できる機能の追加や、ユーザーのアドレスグループを同期させるLDAPサーバーとの自動更新頻度を細かく設定できるなど、顧客の要望が反映されたものになっている。また、RSSフィードと連動したリアルタイムな情報提供など、IT管理者がセキュリティ脅威や製品に関する最新情報を常時把握できる機能が拡充された。

「Clearswift Email Appliance」の価格は、68万円(50ユーザー)~。
「Clearswift Web Appliance」の価格は、95万円(50ユーザー)~。
ともに税抜き価格、初年度保守、定義ファイル込み。エンタープライズモデル、VMware対応モデルも用意されている。

クリアスウィフトの販売パートナーより販売される。


クリアスウィフト
http://www.clearswift.co.jp/

関連記事

クリアスウィフト、Webとメールのアプライアンス最新版を発表クリアスウィフトは2009年2月19日、安全なコミュニケーションとIT統合コラボレーションを高める「Clearswift Web Appliance 1.3」と「Clearswift Email Appliance2.7.6」を発表した。これらの最新版により、インターネット使用時のユーザー業務や時間に基づいた詳細なWebブラウジング管理をはじめ、会社のメールからフリーメールアドレスへの送信・受信コントロール機能を搭載し、企業のデジタルコミュニケーションの活性化、生産性の向上を提案する。

PAGE TOP