[調査・レポート]

運用費が17億円の企業で、重大な障害が年1回起こる——JUAS「ソフトウェアメトリックス調査2008」などから

2009年3月2日(月)

暮れも押し迫った2008年12月29日、JR東日本の新幹線を管理するシステム「COSMOS」に障害が起き、始発から運行できない状態が続いた。8時55分には復旧したものの、ダイヤが大幅に乱れ、運休や遅延によって13万人を超える利用客に影響が出た。ハイシーズンにおける臨時列車も含めた上下400本近い車両の運行データを設定する作業がタイムリミットの午前5時に間に合わず、データに不整合が生じたことが引き金となった。ミッションクリティカルな業務システムでひとたびトラブルを起こすと多大な影響を及ぼしてしまうことを改めて感じさせられた。

人手で開発したアプリケーションプログラム、何台ものサーバー群、ネットワーク機器などが複雑に組み合わさった情報システム。さらにそれを日々運用しているのは人間である。仕様通りに100%稼働し続けるというのは夢のまた夢であり、何らかの障害は付きものというのが宿命だ。

ではこの世の中、情報システムの障害はどのぐらいの頻度で起こるものなのだろうか。興味深い数字がJUAS(日本情報システム・ユーザー協会)から発表されている。

まず「ソフトウエアメトリックス調査2008」の結果によると、業務システムにおける障害発生回数の1社当たり平均は年間で110回である。ただし、この中にはメールサーバーの応答低下といった軽微な障害も含んでいる。業務に何らかの支障が出る障害は年間平均2.9回(障害数の2.6%)にとどまり、現場では担当者がすぐに何らかの対策を打っている状況がうかがえる。

より深刻な障害については「企業IT動向調査2008」において調査結果が公表されている。441の回答企業の平均を見ると、役員以上が認識した障害数は年間で平均1.57件、このうち事業が中断したケースは平均0.65件(役員が認識した障害数の40%)だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

運用費が17億円の企業で、重大な障害が年1回起こる——JUAS「ソフトウェアメトリックス調査2008」などから暮れも押し迫った2008年12月29日、JR東日本の新幹線を管理するシステム「COSMOS」に障害が起き、始発から運行できない状態が続いた。8時55分には復旧したものの、ダイヤが大幅に乱れ、運休や遅延によって13万人を超える利用客に影響が出た。ハイシーズンにおける臨時列車も含めた上下400本近い車両の運行データを設定する作業がタイムリミットの午前5時に間に合わず、データに不整合が生じたことが引き金となった。ミッションクリティカルな業務システムでひとたびトラブルを起こすと多大な影響を及ぼしてしまうことを改めて感じさせられた。

PAGE TOP