[要求仕様の美学]

第5回 人間工学や認知心理学を知り 要求仕様の人的間違いを撲滅する

2009年3月4日(水)

ちょっとした言葉の行き違いや誤解、錯覚がもとで要求仕様の作成に失敗すると、ユーザーの本来の要求とはかけ離れたシステムを作ってしまうことになりかねない。人間はどのような条件下で間違いを犯しやすいかを知れば、要求仕様のミスや漏れをなくしてよいシステムを作れる。

技術の進歩とともに、システムは大規模化・複雑化している。このことは、航空機や原子力プラントを思い浮かべれば容易に理解できるだろう。こうした大規模システムでひとたび事故が起きれば、その損失は計り知れないほど大きいものになる。

最新技術を駆使して作り上げた高度なシステムに、なぜ事故が発生するのだろうか。過去に起きた様々な事故を見ると、その原因のほとんどは人為的なもの、つまりヒューマンエラーだということが分かる。

航空機事故を例にとろう。航空事故を専門に追跡するPlaneCrashinfo.comによると、1950年から2006年までに起きた民間航空機の重大事故で、原因が明らかになったのは1843件。このうち、パイロットの操縦ミスは53%に上るという。それだけではない。不適切な航空管制や荷積、機体整備、燃料汚濁、言語、意思疎通の不良、操縦士間の人間関係といった操縦以外の人的ミスによる事故も7%あった。これらを合わせると、半世紀以上にわたる航空機事故の60%はヒューマンエラーが原因だったことになる(図1)。

図1 航空事故の原因トップはヒューマンエラー
図1 航空事故の原因トップはヒューマンエラー
1950〜2006年に発生した航空事故の60%は操縦あるいは操縦以外の人的ミスが原因だった
(出典:PlaneCrashinfo.com)

米ボーイング社の調査でも、同様の結果が出ている。同社は1996年から2005年までに起きた自社航空機の全損事故を追跡調査した。すると、原因を特定できなかった49件を除く134件のうち、操縦ミスによる事故は37%だった。これに、不適切な航空管制や不適切な機体整備を加えると、ヒューマンエラーが原因で発生した全損事故は63%に達するという。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
要求仕様の美学一覧へ
関連記事

第5回 人間工学や認知心理学を知り 要求仕様の人的間違いを撲滅するちょっとした言葉の行き違いや誤解、錯覚がもとで要求仕様の作成に失敗すると、ユーザーの本来の要求とはかけ離れたシステムを作ってしまうことになりかねない。人間はどのような条件下で間違いを犯しやすいかを知れば、要求仕様のミスや漏れをなくしてよいシステムを作れる。

PAGE TOP