[新製品・サービス]

日立システム、仮想化技術による「ファイルストレージ統合ソリューション」を販売開始

2009年2月25日(水)

日立システムアンドサービス(日立システム)は、同社の企業向け「ストレージソリューションサービス」に、複数のファイルサーバーやストレージを仮想化技術で統合することでデータ管理を効率化する「ファイルストレージ統合ソリューション」を追加し、2009年3月2日から販売を開始すると発表した。 仮想化技術には、F5ネットワークスジャパンのファイルストレージ仮想化製品「F5 ARXシリーズ」(F5 ARX)が採用されている。

同社は、これまで数多くのストレージ関連システムを構築してきたが、今回の「ファイルストレージ統合ソリューション」では、ストレージソリューションサービスに、「F5 ARX」の仮想化技術を利用し、日立製作所(日立)のNAS(ネットワーク接続ストレージ)製品である「Hitachi Essential NAS Platform」などを組み合わせ、既存のファイルサーバーやストレージを最適化することで、効率的な投資による費用対効果(ROI)の向上を支援する。

同ソリューションでは、点在するファイルサーバーやストレージが利用者からは1つの大きなディスクとして見えるため、個々の物理的なデバイスを意識する必要がなくなり、データへのアクセスや検索が容易になるという。また、システムの設定ルールに従い、性能や信頼性、コストを考慮した最適なデバイスに自動的に移動することで、大容量データを適切な場所に格納し、システム管理業務の効率化も実現可能としている。

同ソリューションの主なサービスの概要は以下のとおり。なお、価格は個別見積もりとなる。

  • 要件定義コンサルティング:顧客から要求された内容だけでなく、顧客自身が意識していない潜在的要求をインタビュー形式で把握し、対処方法を探ってシステム要件の定義を支援する
  • 階層ストレージ環境設計サービス:顧客からのインタビューをもとにストレージ環境の基本設計・詳細設計を行う
  • 製品インストールサービス:F5 ARXの初期導入作業
  • 階層ストレージ環境構築支援サービス:階層ストレージ環境設計をもとにストレージ環境の構築作業を行う
  • データ移行サービス:既存で稼働しているシステムから新システムへのデータ等の移行作業
  • 製品教育サービス:導入後、F5 ARX製品の内容や操作・運用方法の教育を実施
  • 製品保守サービス:F5 ARXのバグ・新バージョンへのアップデート対応や新製品などの情報提供、および、ハードウェア障害はオンサイトサポートで対応
  • システムサポートサービス:顧客向けに実施したシステム設計を対象に、問い合わせに対しメール等で対応

同ソリューションにより、システムの現状分析から運用まで、上流工程からトータルにシステム導入を支援する。同社では、多くのビジネスデータを保管している企業向けに、同ソリューション全体で今後3年間に約10億円の販売を目標としている。


「ファイルストレージ統合ソリューション」
http://www.hitachi-system.co.jp/f5arx/

「Hitachi Essential NAS Platform」
http://www.hitachi.co.jp/products/it/storage-solutions/products/hesnas/index.html

日立システム
http://www.hitachi-system.co.jp/
 

関連記事

日立システム、仮想化技術による「ファイルストレージ統合ソリューション」を販売開始日立システムアンドサービス(日立システム)は、同社の企業向け「ストレージソリューションサービス」に、複数のファイルサーバーやストレージを仮想化技術で統合することでデータ管理を効率化する「ファイルストレージ統合ソリューション」を追加し、2009年3月2日から販売を開始すると発表した。 仮想化技術には、F5ネットワークスジャパンのファイルストレージ仮想化製品「F5 ARXシリーズ」(F5 ARX)が採用されている。

PAGE TOP