[新製品・サービス]

シトリックスが、デスクトップ仮想化ソフトを機能強化

2009年2月27日(金)

Citrix XenDesktop 3/シトリックス・システムズ・ジャパン シトリックス・システムズ・ジャパンは2009年2月24日、デスクトップ仮想化ソフトの新版「Citrix XenDesktop 3」を発表した。ストリーミング技術などを追加し、ユーザーの使い勝手を向上させたのが特徴だ。

 同製品は、ネットワーク上にあるクライアント機に対して、Windowsのデスクトップ環境を提供するソフトウェア。一般的には、サーバー仮想化ソフト「XenServer」を使ってデータセンター側にユーザーごとの仮想マシンを用意する。ここでOSやアプリケーションを動かし、そのデスクトップ画面をイメージとしてクライアント端末に配信するのがXenDesktopの役割だ。これにより、画面転送型のシンクライアント型システムを構築できる。

 新版には「HDX MediaStream」と呼ぶストリーミング機能を実装した。音声やビデオなどのマルチメディアデータをクライアント機にストリーミングし、ローカルで再生処理を担う。「サーバーに余計な負荷をかけず、クライアント機の持つリソースを有効活用できる」(シトリックス)とする。そのほか、ユーザーごとのプロファイル管理や、スマートカードへの対応などの機能を強化した。

 XenDesktopには、(1)Enterprise、(2)Advanced、(3)Standard、(4)Expressという4つのエディションがある。ストリーミングに対応するのが(1)と(2)のみなど、使える機能のバリエーションによって種別される。製品の最小構成価格(5同時接続ラインセンス)は、(1)が27万6250円、(2)が18万2750円など。

関連記事

シトリックスが、デスクトップ仮想化ソフトを機能強化Citrix XenDesktop 3/シトリックス・システムズ・ジャパン シトリックス・システムズ・ジャパンは2009年2月24日、デスクトップ仮想化ソフトの新版「Citrix XenDesktop 3」を発表した。ストリーミング技術などを追加し、ユーザーの使い勝手を向上させたのが特徴だ。

PAGE TOP