[新製品・サービス]

役割ベースのユーザー・インタフェース

2009年3月17日(火)

SOA Infor MyDay / 日本インフォア・グローバル・ソリューションズ 日本インフォア・グローバル・ソリューションズは2009年2月5日、インフォア製アプリケーション向けのユーザー・インタフェース「Infor MyDay」を発表した。同社のSOA(サービス指向アーキテクチャ)戦略“Infor Open SOA”に基づくコンポーネントの第1弾となる。企業システムが保有する重要情報への一元アクセスを可能にする。

「Infor MyDay」では、ユーザーの役割と業務内容に合わせてアプリケーションのコンテンツをパーソナライズして表示できる。これにより、任意のデータソースから、役割ごとのレポートや主要業績評価指標(KPI)などの情報を、カスタマイズしたパーソナルページに表示できる。トランザクション処理を行うアプリケーションなどへのドリルダウンも可能。

今回の「Infor MyDay」の提供は、現状の異種混在環境を前提に、業務システムの再構築や全面刷新を伴うことなくSOA導入を促進させることを目的としている。システム間のデータを連携するエンタープライズ・サービス・バス(ESB)の技術を中核に、AjaxやOAGIS標準のビジネス・オブジェクトを使用。Web上のハイパーリンクのようにユーザーが迷わず操作できる仕組みを実装した。インフォア製アプリケーションだけでなく、他社製アプリケーションやカスタム開発した業務アプリケーションと連携する。

「Infor MyDay」は、既存のインフォア製品で保守契約を締結した国内ユーザーを対象に無償で提供する。日本語対応版の提供開始は2009年8月予定で、それまでは英語版の限定出荷も可能。ERPパッケージ製品の「Infor ERP LN」やパフォーマンス管理製品「Infor PM」などインフォアの主要製品との連携にも順次対応する。

関連記事

役割ベースのユーザー・インタフェースSOA Infor MyDay / 日本インフォア・グローバル・ソリューションズ 日本インフォア・グローバル・ソリューションズは2009年2月5日、インフォア製アプリケーション向けのユーザー・インタフェース「Infor MyDay」を発表した。同社のSOA(サービス指向アーキテクチャ)戦略“Infor Open SOA”に基づくコンポーネントの第1弾となる。企業システムが保有する重要情報への一元アクセスを可能にする。

PAGE TOP