[イベントレポート]

「IT施策は(コンサル依存ではなく)、自ら考える」--SASジャパンのフォーラムでローソンの横溝CIOが強調

2009年3月2日(月)

 コンビニチェーンのam/pm買収で注目を集める同業のローソン。そのCIO(最高情報責任者)である横溝陽一氏が2009年2月26日、SASインスティチュートジャパン主催のフォーラムに登壇し、構築を進める新システム「ローソン3.0」の狙いを語った。ちなみにローソン3.0は、店舗運営、商品施策、商品開発を中核にしながら、本部集約型の情報分析、在庫リスク管理も含めたサプライチェーン管理、顧客や他業種とのコラボレーション、M&A(企業の合併・買収)を含めた海外・新規事業展開などを実現を目指す統合的な情報システムである。

 横溝氏は、まずコンビニ業界の売上高が百貨店業界のそれを上回ったことや、主婦/高齢者のような客層にもコンビニが浸透していることなど、小売業を巡る変化の状況を述べ、ナチュラルローソン(健康志向)やローソン100(低価格)など地域や町に密着した店舗展開をするローソンの基本戦略を紹介。その上で、「今後、勝ち残りの鍵になるのは商品力である」ことを強調した。

 次いで、そのために欠かせないのが品揃えの実現と、機会ロスや廃棄ロスの最小化、あるいはM&Aであり、「特に店舗における7つの敵--(1)弱気発注、(2)お客と関係なく発注、(3)行き当たりばったり発注、(4)客層を無視した発注、(5)新商品だけを採用、(6)質の高い仮説がない、(7)品揃えを正確に評価できない--を撲滅する」と語った。

 さらにこうした目的に向けて、ITを活用した業務改革を実践しているという。「バリューチェーン・マネジメントと、リアルタイム・マーケティングが経営の両輪。今やデータは山ほどある。それを分析し、武器にできる本部発信型のインテリジェンス機能を実現したい。そのために先端的なIT、例えばSaaS(本誌注:セールスフォースCRM)や、(主催者であるSASの)ビジネス分析ツールを導入した。コンビニにとっては、これらを活用してPDCAサイクルを回すことが極めて大切だ」。

 具体的なシステム内容の説明には踏み込まなかったが、講演の最後に横溝氏は、「CIOの“I”はインフォメーション。だが私としてはイノベーション、インテリジェンスでありたい。経営課題に片足を、もう片足をITにおき、『IT施策を自ら考える』を旨としている。自分たちが経営課題をまず理解し、それを解決するITを企画・導入していく。(外部の)コンサルタントに頼んでも、(経営への)想いは存在しない。自分で考えることが重要だ」と言い切った。以前、i2テクノロジーズジャパンのCEO(最高経営責任者)を務めた経歴を持つ横溝氏だけに、この言葉の意味は重い。もちろん何でもかんでも自社でやるのではなく、システムの企画やIT製品やサービス、ベンダーの評価などを自社でやるという意味だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「IT施策は(コンサル依存ではなく)、自ら考える」--SASジャパンのフォーラムでローソンの横溝CIOが強調 コンビニチェーンのam/pm買収で注目を集める同業のローソン。そのCIO(最高情報責任者)である横溝陽一氏が2009年2月26日、SASインスティチュートジャパン主催のフォーラムに登壇し、構築を進める新システム「ローソン3.0」の狙いを語った。ちなみにローソン3.0は、店舗運営、商品施策、商品開発を中核にしながら、本部集約型の情報分析、在庫リスク管理も含めたサプライチェーン管理、顧客や他業種とのコラボレーション、M&A(企業の合併・買収)を含めた海外・新規事業展開などを実現を目指す統合的な情報システムである。

PAGE TOP